横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

<   2016年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アメリカ西海岸のジャズ・シーンで活躍したピアニスト、クロード・ウィリアムソンが7月16日に亡くなった。1926年11月18日ブラッドルボロ生まれ、享年89。7歳でピアノを始め、10年間クラシックを学んだのち、1947年チャーリー・バーネット楽団、翌1948年レッド・ノーヴォのバンド、1950~51年にかけてジューン・クリスティのバックバンドに参加。50年代半ばは自己のトリオ、バド・シャンクのバンドなどで活躍。また、彼はハワード・ラムゼイのライトハウス・オールスターズのメンバーでもあった。60年代は主にスタジオ・ミュージシャンとして活動。70年代半ばにジャズ・シーンに復帰し、演奏活動を続けていた。個人的にはベツレヘム盤『クロード・ウィリアムソン・トリオ』やジューン・クリスティのバックでの演奏が記憶に残っている。

LA Timesの記事はコチラ>>>

JazzWaxの記事はコチラ>>>
[PR]
by kazuey1113 | 2016-07-28 21:28 | obituary
c0098087_8211876.jpgノルウェーのピアニスト、トルド・グスタフセンの新プロジェクト「Hymns and Visions」によるCD『What was said』のレビューをJazzTokyoに書いた。

「Hymns and Visions」はグスタフセンが、アフガニスタン人の父を持つケルン生まれのヴォーカリスト、シミン・タンデルと出会ったことで生まれたプロジェクトで、これまでのトリオやカルテットでの活動とは異なるチャレンジャブルなコンセプトによるもの。取り上げられているのは、ペルシャの神秘学者で大詩人ルーミーの英訳詩とグスタフセンが子供の頃から親しんでいたルター派教会の賛美歌をアフガン詩人がパシュトー語に訳したもの。ふたつの異なる宗教、世界観から生まれ、翻訳された歌が出会うアルバムだ。レビューはコチラ>>>

ちょうどこのCDを聴きながら、あれこれ考えている時に、7月17日18日に開催される郡上八幡音楽祭のテーマが「トルコ・スーフィー」であることを知った。ルーミーは旋回舞踊で知られるイスラム神秘主義(スーフィー)のメヴレヴィー教団の始祖である。これはちょっとした奇遇だった。

郡上おどりで知られる郡上八幡を拠点にするパーカッショニスト、土取利行を通して世界の音楽家を招き開催されるこの音楽祭、今年はピーター・ブルック演出『マハーバ ーラタ』などで土取と共演してきたネイ(葦笛)の名手で先日ユネスコの平和のための芸術家として指名されたクツィ ・ エルグネル、またトルコ・イスタンブールからベキル・ビュユックバッシ(歌手)、ムラット ・ アイデミィル(タンプール)を招聘し、土取は中近東のパーカッションで演奏するという。17日のメインプログラムは旋回舞踊で知られるイスラム神秘主義メヴラーナーの音楽、18日はオスマン古典音楽の公演。

郡上八幡音楽のサイトはコチラ>>>

[PR]
by kazuey1113 | 2016-07-14 08:33 | column
ピアニスト、ドン・フリードマンが6月30日に亡くなった。1935年5月4日サンフランシスコ生まれ。享年81。50年代初めから西海岸でデクスター・ゴードン、ショーティ・ロジャース、バディ・デフランコ、チェット・ベイカー、オーネット・コールマンなどと共演。1958年にニューヨークに移住、ディック・ヘイムズのピアニストなどを務め、1961年Riversideから『ア・デイ・イン・ザ・シティ』(1961)、続いて代表作となる『サークル・ワルツ』(1962)を発表。ニューヨークに移って最初の数ヶ月間同居していたスコット・ラファロとの録音は後に『スコット・ラファロの思い出』(カメラータ・トウキョウ)としてリリースされた。『Metamorphosis』(Prestige, 1966)後は、アルバムを出す機会に恵まれなかったが、1975年にイースト・ウインドから『ホープ・フォア・トゥモロウ』をリリース。1986年からベーシスト中山英二と共に日本を6回ツアーし、共演盤も制作された。最新作は『Nite Lites』 (Fresh Sound, 2015)。また、ニューヨーク大学で長年教鞭をとっていた。

JazzWaxの記事はコチラ>>>
↑上記記事にはインタビューも掲載されていて、50年代の西海岸演奏を始めた頃のこと、スコット・ラファロのことなどを語っている。
[PR]
by kazuey1113 | 2016-07-07 08:20 | obituary