横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

<   2015年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

秋のアキ2015

高瀬アキがドイツからルディ・マハールとニルス・ヴォグラムを連れて帰国、ツアー・公演を行う。また、作家多和田葉子とのパフォーマンスもシアターΧ他で予定されていれる。(スケジュール等詳細はコチラ>>>

ルディ・マハールはバスクラリネットの第一人者、フランク・メーブスの「デア・ローテ・ベライヒ」、「ディー・エントトイシュング」などで活動。セロニアス・モンク、エリック・ドルフィーからオリジナル曲、即興演奏まで自在にこなす。バスクラリネットで独自の境地を拓いたことが評価され、2011年にSWRジャズ賞を受賞した偉才。また、ニルス・ヴォグラムはルート70、セプテット、ノスタルジア・トリオ、ヴァーティゴ・トロンボーン・カルテット、またボヤンZとのデュオ等で活動。2013年にはドイツ・ジャズ界に貢献した人に与えられるアルバート・マンゲルスドルフ賞を最年少で受賞した逸材。二人共、高瀬アキの主要プロジェクト「ニュー・ブルース・ユニット」などのメンバーでもある。

*高瀬アキ4 plus ルディ・マハール&ニルス・ヴォグラム
 「New Blues」


c0098087_19571560.gifこの数年、11月の高瀬帰国時にツアーを行っている日本のカルテット[高瀬アキ(p), 林栄一(as), 井野信義(b), 田中徳崇(ds)]にルディ・マハールとニルス・ヴォグラムを加えた編成でミニ・ツアーを行う。

11月27日(金) 東京新宿ピットイン
11月30日(月) 名古屋 jazz inn LOVELY
12月 1日(火) 柏崎 ほーるWaSuKe(石川薬局2F)
問い合わせ:0257-24-2235(石川)
(この日は高瀬アキ4 plus ルディ・マハールのみの出演になります)

*ルディ・マハール, ニルス・ヴォグラム, 高瀬アキ
JAZZTREFFEN 2015 DAY 5
12月 2日(水) 東京ドイツ文化センター

*ダンスカンパニー“アンサンブル・ゾネ”公演
即興戯曲『飛ぶ教室は 今』


構成・振付・演出:岡登志子
音楽監督:高瀬アキ
出演:アンサンブル・ゾネ, 高瀬アキ(p), ルディ・マハール(bcl), ニルス・ヴォグラム(tb)

11月28日(土)29日(日)東京・両国 シアターΧ
12月5日(土)6日(日)神戸市立地域人材支援センター 講堂
特設ページはコチラ>>>

*多和田葉子&高瀬アキ

毎年恒例となっているシアターΧ「晩秋のカバレット」は『猫も杓子もカントル』。ポーランドの演出家・画家・造形作家タデウシュ・カントルをテーマにした作品。今年シアターΧではカントル生誕100年を記念して様々な企画の公演が行われているがその一環である。他に早稲田大学でパフォーマンスとワークショップ、神奈川大学でパフォーマンスが行われる。こちらのタイトルは『猫の手を借りた音楽』。

11月11日(水) 早稲田大学 小野記念講堂
パフォーマンス『猫の手を借りた音楽』
11月12日(木) 早稲田大学 小野記念講堂
ワークショップ『言葉と音楽 Vol.6』
詳しくはコチラ>>>

11月14日(土) 神奈川大学横浜キャンパス16号館セレストホール
パフォーマンス『猫の手を借りた音楽』
詳しくはコチラ>>>

11月15日(日) 第14回 シアターX 晩秋のカバレット2015
『猫も杓子もカントル』

「秋のアキ2015」のスケジュール等詳細はコチラ>>>

c0098087_1942726.jpgc0098087_19541626.jpg
[PR]
by kazuey1113 | 2015-11-03 19:53 | informaion
サックス奏者として楽器的にも創造性においても表現の限界を拡張し続けている偉才、ジョン・ブッチャーが11月に再び来日する。スケジュールは下記のとおり。

c0098087_14323674.jpg2015年11月19日(木) 
神戸 旧グッゲンハイム邸
ジョン・ブッチャー(ts, ss)Solo
予約・問い合わせ:TEL: 078-220-3924 FAX: 078-202-9033
guggenheim2007@gmail.com

11月20日(金)大阪 島之内教会
ジョン・ブッチャー(ts, ss) &
鈴木昭男(self build instruments)Duo
予約・問い合わせ:音波舎
ompasha.otononami@gmail.com

関西公演の詳細(音波舎)はコチラ>>>

c0098087_14461956.jpg11月21日(土)東京・西麻布 スーパー・デラックス
FTARRI FESTIVAL 2015
ジョン・ブッチャー(ts, ss) &
鈴木昭男(self build instruments)Duo

11月22日(日)東京・西麻布 スーパー・デラックス 
FTARRI FESTIVAL 2015
ジョン・ブッチャー(ts, ss) &
ロードリ・デイヴィス(electric harp)Duo

11月23日(月・祝)埼玉・深谷 ホールエッグ・ファーム
ジョン・ブッチャー(ts, ss)Solo, ジョン・ブッチャー&高橋悠治(p)Duo
チケット申込:Tel 090-5584-3104(斎藤) Fax 048-585-6687
問い合わせ:Tel 048-585-6685(斎藤) spacewho@hall-eggfarm.com

11月24(火)千葉・稲毛 キャンディ
ジョン・ブッチャー(ts, ss) Solo
予約・問い合わせ:Tel/Fax 043-246-7726
jazz_candy-lj@infoseek.jp

今年、日本のレーベルからリリースされた2作品はいずれも傑作だった。『Nigemizu 逃げ水』(Uchimizu Records)は、実演の素晴らしさはもちろん、空間に広がる音響を音楽家の耳で捉えた高岡大祐によるDSD録音も相俟って、サックス・ソロ作品として歴史に残る名盤。また、ロードリ・ディヴィスとのデュオ『Routing Lynn』(Ftarri)は、古代遺跡でのデュオ演奏をクリス・ワトソンがまずフィールド・レコーディング、その録音を再生する中で二人が演奏したAVフェスティヴァル(ゲーツヘッド)でのライヴ録音で、自然音と楽器音、異なる場所での音源が交錯する異色作。それだけに再来日が楽しみなのだ!!!

c0098087_13295938.jpgc0098087_13322117.jpg
[PR]
by kazuey1113 | 2015-11-01 15:12 | informaion

FTARRIフェスティヴァル

即興音楽に主軸を置いたCDレーベル/CDショップFTARRIが下記の日程でフェスティヴァルを開催する。国内外の世代を超えたインプロヴァイザーがこれだけ出演するフェスティヴァルは滅多にないだけに、即興音楽の現在を聴く貴重な機会だ!

会場:東京、西麻布 スーパー・デラックス (SuperDeluxe)
2015年11月21日(土)
開場:午後2時30分、開演:午後3時30分、終了:午後9時30分予定
2015年11月22日(日)
開場:午後2時、開演:午後3時、終了:午後9時予定

出演:John Butcher [from the UK] / Stephen Cornford [from the UK] / Rhodri Davies [from the UK] / Kai Fagaschinski [from Germany] / Far East Network (FEN) / Patrick Farmer [from the UK] / Ryu Hankil [from Korea] / NAKASANYE (Antonin Gerbal [from France] + Joel Grip [from Sweden] + Daichi Yoshikawa) / Matija Schellander [from Austria] / The International Nothing / Michael Thieke [from Germany] / Yan Jun [from China] / Yuen Chee Wai [from Singapore] / 秋山徹次 / 石川高 / 池田陽子 / 池田若菜 / 入間川正美 / 宇波拓 / 大蔵雅彦 / 大城真 / 大友良英 / 川口貴大 / ユタカワサキ / 康勝栄 / 河野円 / 島田英明 / ju sei (田中淳一郎 + sei) / 杉本拓 / 鈴木昭男 / stilllife (津田貴司 + 笹島裕樹) / 高岡大祐 / 田中悠美子 / 徳永将豪 / 中村としまる / 広瀬淳二 / Sachiko M / 村山政二朗

詳しくはコチラ>>>

FTARRIはオンラインショップとしてスタートしたが、2012年に水道橋にCDショップもオープン、他では入手出来ないような音盤や掘り出し物がいろいろあるので、機会があれば立ち寄ってみるといいと思う。また、ライヴも行っているので、興味のある方はFTARRIのサイトをチェックしてみてはどうだろうか。
FTARRI水道橋店 コチラ>>> 
オンラインショップ コチラ>>>

c0098087_1249797.jpg

[PR]
by kazuey1113 | 2015-11-01 13:23 | informaion

姜泰煥

c0098087_11514291.jpg少し前にjazztokyoフォトエッセイで取り上げた姜泰煥の『素來花 Sorefa
』(Audioguy Records)に再び聴き入っている。2012年の録音だが現在の彼の境地を知ることが出来る貴重な音源だ。いろいろな音楽家と出会ってきたが、彼ほど俗な意味での名声や成功にはなく、音楽的な探究に邁進し続けている人はいない。それでいて、とてもキュートな人柄なのだ。。。

JazzTokyoのフォトエッセイはコチラ>>>

↓は昨年(2014年)宇都宮市be offでのソロライヴで撮影したもの。
c0098087_11483039.jpg

[PR]
by kazuey1113 | 2015-11-01 12:30 | column