横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

<   2010年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

齋藤徹は瀬尾高志、パール・アレクサンダーという二人の若手ベーシストとコントラバス・トリオBassically Speakingを11月に始動させた。「自分達の『今・ここ・私たち』でなければできない歌、そして、さらには『今でも・ここでも・わたしたちでも』ない普遍な歌が歌える音楽を目指していきたい」という。コントラバスという楽器からその音・音楽の豊かさ、可能性がどう開かれていくのか楽しみである。

*Bassically Speaking:齋藤徹(b) 瀬尾高志(b) パール・アレクサンダー(b)
12月11日(土)横濱エアジン
12月12日(日)西荻アケタの店

2009年3月にスタートして以来、ライフワークとして継続している東中野ポレポレ坐の一階にあるカフェ・スペースでの隔月コンサート「徹の部屋」も早11回目。「即興系の演奏でなく、人と人とが出会えるような催しにしたい」という初回からのコンセプトは変わっていない。今回は喜多直毅(vl)、佐藤芳明(acc)、そして長年コラボレーションを行っている画家の小林裕児を迎えて行われる。タイトルは「浸水の森」。

*徹の部屋 Vol.11 「浸水の森」
齋藤徹(b,作曲) 喜多直毅(vl) 佐藤芳明(acc) 小林裕児(絵画)
12月22日(水)Space&Cafe ポレポレ坐

12月の齋藤徹の公演はバラエティに富んでいる。他にもダンサーの工藤丈輝と4年前にスタートさせた年一度の「齋藤徹と工藤丈輝の20年連続公演ーその4」、そして、カフェ・ズミでもヴァイオリンの喜多直毅とのデュオ・ライヴを行う。

*齋藤徹と工藤丈輝の20年連続公演ーその4
12月19日(日)キッド・アイラック・アート・ホール

*齋藤徹(cb)&喜多直毅(vl)デュオ
12月5日(日)sound cafe dzumi

カフェ・ズミでのライヴのフライヤーに書かれていた齋藤徹の文章に彼の即興感がよく現れていたので、その一部を引用しておこう。このような演奏家はなかなかいない。

「即興」の対義語は「作曲作品」ではなく、「当たり前」とか「常識」さらにいえば「自分自身」であると思っています。そうすると、何も決めて無くても「即興」でないこと、作品をやっていても「即興」であることは充分あり得ます。時の流れを止めてしまうような「発見」があるかどうかがカギです。(齋藤徹)
[PR]
by kazuey1113 | 2010-11-21 18:25 | informaion
ベルリンと東京を往復している千野秀一が帰国し、井野信義、今井和雄らと久しぶりにライブを行う。ベテラン演奏家3人が出会うライブだけに、即興演奏の原点と一歩先、今までにない可能性も聴けるのではと期待している。

*千野&今井デュオ
千野秀一(p) 今井和雄(g)
11月20日(土)千葉・稲毛 キャンディ

*井野・千野・今井
井野信義(b) 千野秀一(p) 今井和雄(g)
12月16日(木)横浜エアジン
12月19日(日)東京・外苑前 ジマジン

井野、今井と二人のダンサー、中村恩恵と岡登志子とのコラボレーション「即興45min. 無の地点」を、大野一雄フェスティヴァル他で行われる。音楽と身体が出会う45分間に注目!

*即興45min. 無の地点
中村恩恵(dance) 岡登志子(dance) 井野信義(b) 今井和雄(g)
11月26日(金)大野一雄フェスティヴァル BankART Studio NYK 3F
11月28日(日)東京、中野富士見町 Plan B

また、今井和雄が1997年にスタートし、年一回に継続的に行っている集団即興のためのプロジェクト「マージナル・コンソート」の日程も決まった。年に一度だけのライブなのでお見逃しなく!

12月26日(日)東京・西麻布 スーパー・デラックス
マージナルコンソート

他にも今井和雄は、即興演奏家としても第一人者のベーシスト齋藤轍と継続的に続けているデュオなどのライブの予定がある。

12月11日(土)東京、新大久保 Earthdom
STINGER:望月芳哲(b) + HIKO(ds) + 今井和雄(g)トリオ 他

12月18日(土) 東京、中野富士見町 Plan B
「ORBIT 110歳の軌道」齋藤徹(b) 今井和雄(g) デュオ
[PR]
by kazuey1113 | 2010-11-15 20:09 | informaion
高瀬アキ&ルイ・スクラヴィス、11月5日に出演したストラスブールのジャズ祭での演奏がラジオフランスで聴ける。前半はダブル・クラリネットトリオLE DOUBLE TRIO DE CLARINETTES 、デュオは後半(途中トラブルがあって中断、復旧まで他の音源が流れます)。ストリーミングはたぶん12日まで。
コチラ>>>

このフェスティヴァルJazzdorは始まったばかり。プログラムはコチラ>>>

ドイツもフランスも現代のジャズを取り上げるジャズ祭がいろいろあって、放送局がライヴをどんどんオンエアしており、しかもストリーミングで聴けてしまうというのがいい。なんでもレコード主体の日本と随分違うなと。これもジャズ受容の違いなのだろう。

高瀬アキはもうじき帰国する。ライヴの予定はコチラ>>>
[PR]
by kazuey1113 | 2010-11-07 09:59 | informaion

高瀬アキ、多和田葉子

高瀬アキは「ジャズにおける最もベーシックなアンサンブルであり、リズム・セクションの原型でもあるピアノ・トリオ、その限りない可能性に改めて挑戦したい」とトリオでの演奏活動をベルリンで始動、ヤン・ローダー(b)、オリバー・ステイドル(ds)とのトリオTAMAのCD『ROLLED UP / TAMA』(jazzwerkstadt)を昨年リリース。日本でも昨年11月にベテラン井野信義(b)に若手の逸材、田中徳崇(ds)を迎えてT.I.T. TRIOをスタート。今秋の帰国ライヴでは一度だけトリオでの演奏を新宿ピットインで。今回は内橋和久を迎えて、オリジナル曲を中心に「誰にもまだ演奏されていないような音楽」を!

11月27日(土)新宿ピットイン
T.I.T. Trio 高瀬アキ(p)、井野信義(b)、田中徳崇(ds)
詳しくはコチラ>>>

晩秋の定例公演となった多和田葉子と高瀬アキのシアターΧでの言葉と音楽のパフォーマンスも9回目。今回のテーマは『まっかなおひるね』。どんな夢がみれるのだろうか…

12月1日(水) 東京 シアターΧ
第9回シアターΧ 晩秋のカバレット2010 『まっかなおひるね』
多和田葉子(朗読)+高瀬アキ(ピアノ)

また、シアターΧでは多和田葉子かきおろしひらがな戯曲の演劇詩『さくら の その にっぽん』が11月17日から23日まで上演される。
詳しくはコチラ>>>
[PR]
by kazuey1113 | 2010-11-05 07:45 | informaion
ペーター・ブロッツマン、今回の来日は特別編成の2つトリオでのライヴ。ブロッツマン自身も再演を望んでいた佐藤允彦、森山威男とのトリオ、またジム・オルークに灰野敬二という一筋縄ではいかないギタリスト2名との共演。滅多にないセッションなので見逃せない!

11月22日(月)新宿ピットイン
ペーター・ブロッツマン(sax)、佐藤允彦(p)、森山威男(ds)

11月23日(火)新宿ピットイン
ペーター・ブロッツマン(sax)、灰野敬二(g)、ジム・オルーク(g)

問い合わせ: idiolect@mac.com
[PR]
by kazuey1113 | 2010-11-05 07:40 | informaion
北欧からシッツェル・アンドレセンとホーコン・コルンスタが来日する。90年代、ECMに『So I Write』と『Exile』という2作を吹き込んでいるアンドレセンは、独自の世界を表現するシンガー/ヴォーカル・インプロヴァイザー、近年は実験的なライヴ・パフォーマンスも行っている。コルンスタはアトミックでも来日しているノルウェーの若手第一人者、自身のトリオやエレクトロニクスを取り入れたグループWibuteeを率いるなど活躍中。来日時のプログラムは、前半が二人それぞれのソロで後半がデュオの予定。北欧の音楽シーンの先端を行くパフォーマンスが期待できる。

シッツェル・アンドレセン(vo)&ホーコン・コルンスタ(sax,etc)
11月26日(金) 京都・アバンギルド Tel: 075-212-1125
11月27日(土) 大阪・Nu Things Jajouka Tel: 06-6211-8711
11月28日(日) 神戸・旧グッゲンハイム邸 Tel: 078-220-3924
11月29日(月) 名古屋・KD Japon  Tel: 052-251-0324
12月1日(水) 東京・スーパーデラックス Tel: 03-5412-0515

関連ライヴ:
シッツェル・アンドレセン(vo)&八木美知依(箏)
12月2日(木) 東京・公園通りクラシックス Tel: 03-3464-2701

詳細はコチラ>>>
問い合わせ: idiolect@mac.com
[PR]
by kazuey1113 | 2010-11-05 07:36 | informaion

エリオット・シャープ

エリオット・シャープが自ら「曲というよりは生物」と形容するアルゴリズミック・コンポジション「SyndaKit」を12人の音楽家が演奏。自動作曲システムがどう機能するのか、演奏者の個性も相まって、興味深いライヴになりそうだ。

11月11日(木)新宿ピットイン
出演:エリオット・シャープ(g,cl)、ジム・オルーク(g)、太田惠資(vln)、田村夏樹(tp)、梅津和時(as,cl)、高岡大祐(tuba)、八木美知依(箏)、田中悠美子(太棹三味線)、藤井郷子(p)、須川崇志(b)、田中徳崇(ds)、高良久美子(vib,per)

問い合わせ:idiolect@mac.com
[PR]
by kazuey1113 | 2010-11-05 07:34 | informaion