横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

c0098087_19543169.jpg今年もベスト盤を聞かれる季節になった。

jazztokyoの「2009年この一枚」、Localは今個人的に一番期待しているスガダイローの『黒船・ビギニング ~須賀大郎短編集(下)~』(左がジャケ写)。少し前から気になる存在ではあったが、『坂本龍馬の拳銃 ~須賀大郎短編集~(上)』を聞いて、「これは!」と思った。コチラ>>>

Internationalは今年、高瀬アキ&ルイ・スクラヴィスの日本ツアー、横浜公演に関わったという個人的理由が大きいのだが、『Aki Takase-Louis Sclavis/YOKOHAMA』。コチラ>>>

偶然なのだが、ジャケットは同時代に描かれた肉筆画(「天狗ペリー」:『黒船・ビギニング』)と横浜浮世絵(『YOKOHAMA』)、どちらにも≪黒船≫というタイトルの曲が。今年は横浜開港150周年だったのだ…。
[PR]
by kazuey1113 | 2009-12-20 20:08 | informaion
c0098087_820528.jpg国内外で自己のバンドを中心に活躍している藤井郷子と田村夏樹。現在レギュラーに活動を行っている4つのプロジェクト(ガトー・リブレ、ファースト・ミーティング、MA-DO、藤井郷子オーケストラ)の下記CDが1月23日にリリースされ、その発売記念ライブが1月9日(土)新宿ピットインで行われる。その日は昼の部、夜の部を通して4バンドが出演するという特別ライブ(入れ替えなし)、CDも先行発売される。リーダーは二人のどちらかだが、無国籍音楽、インプロ、ビッグバンドなどそれぞれ異なったコンセプトの音楽。藤井・田村の多面的な活動を一日で楽しめる滅多にない機会!予約者には特別限定CDRのプレゼントも。

SHIRO / GATO LIBURE (Libra Records)
CUT THE ROPE / FIRST MEETING (Libra Records)
DESERT SHIP / SATOKO FUJII'S MA-DO (Not Two Records)
ZAKOPANE / SATOKO FUJII ORCHESTRA TOKYO (Libra Records)

藤井郷子・田村夏樹 4タイトル一挙同時リリース/4バンド一挙同日ライブ
1月9日(土) 新宿ピットイン Tel: 03-3354-2024
15:30開場 16:00開演 
前売:4000円 当日:4500円 (入れ替えなし、ワンドリンク付)
前売り・予約の方には特別限定CDRをプレゼント
出演:ガトー・リブレ、ファースト・ミーティング(スペシャルゲスト:ネルス・クライン)、MA-DO、藤井郷子オーケストラ
詳細は新宿ピットインのスケジュールで>>>

また、藤井郷子はカーラ・キールステッド(violin, trumpet violin, vo)とのデュオMinamoで『Kuroi Kawa - Balck River』(Tzadik)も最近リリースしている。
[PR]
by kazuey1113 | 2009-12-16 08:18 | informaion
行政刷新会議の「事業仕分け」で文化予算もバッサリ切られようとしている。これは大変と「署名協力のお願い」が回り回って私のところにもきていた。昨夜、15日のパブリック・コメントの締切を前に最後のお願いとばかりに回ってきたメールは、オーケストラとそれに準ずる活動への予算が廃止・大幅削減になると地方のオーケストラはほとんど存続できなくなる。そうなれば、団員が職を失う他、オーケストラやオペラの公演に触れる機会も減るし、音楽関連の仕事に就く人も厳しくなるだろう。文化を守るためにもご署名に協力をといった内容だった。

感情に訴えようというのはよくわかるが、説得力に欠ける。オーケストラの団員が失職するのは気の毒だし、地方でのコンサートや子供のための音楽教室が無くなるのは残念だ。しかし、かつてない赤字国債を発行するという財政危機に瀕している現状で、それでもなお国家予算をそちらへ振り分けるには、オーケストラの社会性なり、地域での文化活動の意義などについてもっときちんとした説明がなされないといけないと思う。なぜなら、それは「税金」だからである。

今まで自動的に予算をもらってきたことにもよるのだろうが、体質的な「甘え」も見える。活動のあり方を音楽界の構造的な問題も含めて見直さねばならないということ、内側からの一方的なメッセージではなく、外部の人間をも納得させるような言葉が必要であることに気付くべきである。音楽家・関係者も社会とのコミュニケーションをきちんととらないといけない。これはまた戦略でもあるのだ。そして、音楽的な質と共にそのような体質そのものの改善が迫られていることにもっと自覚的になるべきであると思った。
[PR]
by kazuey1113 | 2009-12-16 07:17 | misc.

Improvised Music from Japan 2009

c0098087_7501671.jpg年刊誌『Improvised Music from Japan 2009』が3年振りに出版される。今回は日本の即興、オルタナティヴな音楽のフェスティヴァル&コンサート・シリーズ特集。主催者による文章、あるいはインタビュー取材による記事で構成されている。

取り上げているのは、Asian Music Festival(大友良英)、Jazz Art せんがわ(巻上公一)、横濱インプロ音楽祭(うめもと実)、ATAK NIGHT(渋谷慶一郎)、Now Music Arts(沼山良明)、フリー・インプロヴィゼーション もうひとつの展望(寺内久)など規模や開催されている地域も様々な33のイベント。Improvised Music from Japanが昨年開催したFtarri Festivalの写真も少し。また、今回はCDが3枚付いている。詳しい内容はコチラ>>>

12月20日発売予定。Improvised Music from Japan内のFtarri CDショップでも販売している。12月18日までに予約した場合は税込2100円(定価税込2625円)で購入できる(前払いのみ)。詳しくはコチラ>>>
[PR]
by kazuey1113 | 2009-12-15 07:53 | new release
ラリー・オークス・サックス&ドラミング・コアがスペインのフェスティヴァル、ジャズ・ジグエンザ2009で演奏中のこと。ファンが警察を呼ぶという騒動があった。彼の演奏はジャズとはいえず、精神的に耐え難かったという理由のようだ。おおよそ信じがたいニュースだが、ガセネタではない。

The Guardianの記事はコチラ>>>

どうやらこのニュース、国境を超えて話題になっているもよう。ヨーロッパだけではなく、ハワード・マンデルのブログにも書かれていた。ラリー・オークスのバンドでツアーしていた藤井郷子(田村夏樹も参加している)からこの話を聞いたのだが、ほとんどログインしていないFacebookにたまたま入ってみたら、掲示板にもこのニュースが。

そのファンはジャズをスタイルとして表層的にしか認識しておらず、ジャズという音楽の本質的なことがわかっていないのだろう。しかし、、、純粋主義者というものは…。
[PR]
by kazuey1113 | 2009-12-14 20:50 | misc.

EUの外側へ

師走である。いろいろなことを抱え込んでしまったので、なにかとせわしなく、あっという間の11ヶ月だった。と、気付いてみたら今年はjazztokyoにコラムを全く書いていなかった。年内更新に間に合うように、「EUの外側へ - イスタンブル、スコピエを訪ねる -」という旅エッセイを書いた。こういう時だけは早い。
コチラ>>>

イスタンブル、スコピエを実際に訪ねて、その土地についていかに知らなかったか、気付いていないことが沢山あったことがわかった。その土地の音楽やそこにおけるジャズ受容史や現状もしかり。頭ではなくて、皮膚感覚というか、実感として感じたこともいろいろあった。折々調べたり、話を聴いてみたりしたいと思う。

また、ファッツ・ウォーラーとアキ・プレイズ・ファッツ・ウォーラーについては、あらためて別稿をどこかに書くことが出来れば、と考えている。

年内まだ大きな山が。超えられるか、もう一頑張りしてみよう。
[PR]
by kazuey1113 | 2009-12-07 07:43 | column

リアル・ピープル

資料となる本のページをめくっていて、本来の目的とは違った意味でひっかかる言葉に出会うことがある。マイク・へフリー著の『Northern Sun / Southern Moon』という本の第2章の冒頭にFMPのLP/CDの写真を多く手掛けていたドイツの写真家ダグマー・ゲーバースのこんな言葉があった。

Be careful when you write. There are real people who have given their real lives, sweat and tears for this music.
- Dagmar Gebers

評論家であれ、研究者であれ、ジャーナリストであれ、音楽について文章を書く時にこのことをどれほど意識しているだろうか、と時々思うことがある。自戒を込めて。
[PR]
by kazuey1113 | 2009-12-06 20:21 | misc.