横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

<   2008年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2008年ベスト盤

c0098087_1338243.jpgc0098087_1338251.jpg季節柄ベスト盤のアンケートが回ってくる。いずれのそれにも挙げたのがこの2作。jazztokyoの「2008年この一枚」に書いているので、そちらにリンクを飛ばすことにする。

『Evan Parker The Transatlantic Art Ensemble / Boustrophedon』
(左) コチラ>>>
『今井和雄トリオ / ブラッド』(右) コチラ>>>

c0098087_13443920.jpgc0098087_13445937.jpgもう一枚、ドイツで制作され2006年11月に初公開された映画『Play Your Own Thing』の英語版DVD(右、左はドイツ語オリジナル版)がリリースされたのでそれを挙げたい。これについてはコチラ>>>

ヨーロッパでも長い間「ジャズはアメリカの音楽」という概念があった。だが、アメリカにおけるジャズの先達に深い敬意を表しながらも、ヨーロッパではジャズという音楽言語による自己表現を既に獲得している。自らのヴォイスを追求した結果、バラエティに飛み、多種多様な個性が存在するヨーロッパのジャズ、その受容の課程と現在を伝える映画が作られ、ベルリンジャズ祭の初日に『Play Your Own Thing』がプレミア上映されたのは、ミュージシャン、関係者共々そのことにいかに自覚的になっているかを表しているのだろう。たまたま、プレミア上映の場に居合わせる幸運を得たためかもしれないが、このような映画が制作されたこと自体、ジャズは多様化していると同時に多元化していることを象徴的に表す出来事に思えてならない。

そのようなことはともかく、ただ単に音楽映画として観ても楽しめる。デューク・エリントンやバド・パウエル(ベースは若きニールス・H・O・ペデルセン)、ディジー・ガレスピー、デクスター・ゴードンなどのアメリカの大御所のヨーロッパでの映像も挟みこまれている。ジャズ・ファンといっても好みは様々だが、これはあらゆるファンに薦められる映画だ。
[PR]
by kazuey1113 | 2008-12-30 14:24 | column

EXPERMENTAL SOUND & ART FESTIVAL

トーキョーワンダーサイトで『EXPERIMENTAL SOUND & ART FESTIVAL』と題した公募によって選ばれた即興演奏、マルチメディア・パフォーマンス、現代音楽などジャンルを超えたコラボレーション、11企画の公演が2009年1月21日(水)~25日(金)の5日間に渡って開催される。これはトーキョーワンダーサイトが2004年から行っているEmerging Artist Support Program Musicという若く才能豊かな音楽家を発掘・育成するプログラムの一環として行われるもの。昨年までは現代音楽中心であったが、今年度はジャンルを超えた実験的な企画も選出された。

2009年1月21日(水)~2009年1月25日(日)
会場:トーキョーワンダーサイト本郷

スケジュール:

【1月21日(水)】 
『虚像になるとき』 開演:19:00 料金:2,000円

【1月22日(木)】 
チャールズ・エリック ビラード 『3−Dスペーススリター』 開演:17:00 料金:2,000円
清水 友美 『日記の断片 ~リュック・フェラーリ賛~』 開演:19:30 料金:2,000円

【1月23日(金)】 
ゾルゲルプロ 『ゾルゲル音楽』 開演:18:30 料金:500円
秋元 美由紀+河合 政之 『ひびきあうイメージ~光琳「紅白梅図」によるヴァリエーションズ』 開演:20:00 料金:2,000円

【1月24日(土)】
山口 恭子 『羽衣』 開演:14:00 料金:2,000円
つむぎね 『ね、』 開演:16:30 料金:1,000円
田中 翼 『情報技術時代のピアノ音楽』 開演:20:00 料金:1,500円

【1月25日(日)】
鳥は卵の中から抜け出ようと戦う 『トーキョーワンダーサイト本郷の場合』 開演:12:00 料金:1,000円
須藤 英子 『From東京』 開演:14:00 料金:2,000円
trio amokkoma 『amokkoma』 開演:19:00 料金:2,000円

詳細はトーキョーワンダーサイト本郷のサイトで:コチラ>>>
チケット申込み: お名前、連絡先、申込人数、申込希望イベントを明記のうえ、FAXまたはE-mailにてお申し込み下さい。
FAX(03-5689-7501)、E-mail: performingart08@tokyo-ws.org


主催:財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
[PR]
by kazuey1113 | 2008-12-26 22:48 | informaion
ヨーロッパ、アメリカ、そして日本の凄腕ミュージシャンが東京で出会うというまたとない企画”東京コンフラックス:TOKYO CONFLUX”。2008年9月に行われた連続ライブは連日満員で大成功を収めた。その番外編が1月16日(金)に行われる。今回はシカゴ、ニューヨーク、東京の気鋭のミュージシャンが顔を会わせる。注目のライブとなること間違いなし!要注目!

”東京コンフラックス”番外編≪日米インプロ条約≫
2009年1月16日(金) 公園通りクラシックス
開場:19:00 開演:19:30
料金:3500円(1ドリンク付)
出演:ジョシュ・バーマン(cor)、トーマス・モーガン(b)、ジェイソン・レブキ(b)
    田中徳崇(ds)、八木美知依(箏)

詳しくはコチラ>>>
[PR]
by kazuey1113 | 2008-12-26 21:56 | informaion

BBC Radio3

BBC Radio3でオンエアされたジョン・ブッチャーはあと数日聴くことができる。その後もこのようなプログラムが予定されている。興味ある方はまめにチェックしてみてほしい。

12月22日: A panel of guests discuss 2008's best jazz releases
12月29日: Highlights of the year's live concert recordings
1月5日:   The best sessions recorded exclusively for
        Jazz On 3 in 2008
1月12日:  Louis Sclavis, Aldo Romano & Henri Texier at the
        London Jazz Festival 2008

BBC Radio3はコチラ>>>
[PR]
by kazuey1113 | 2008-12-17 19:37 | informaion
今井和雄が1997年にスタートし、年一回継続的に行っている集団即興のためのプロジェクト「マージナル・コンソート」が下記の日程で行われる。即興音楽シーンで地道な活動を続けている今井だが、日本よりも寧ろ海外イギリスなどでの評価が高く、このマージナル・コンソートもイギリスのフェスティヴァルに出演した際はThe Wireにも取り上げられていた。来日した即興演奏家とも度々共演。また、3年ほど続けているユニット、伊東篤宏 (optron)と 鈴木學 (electronics)との今井和雄トリオで、注目作『Blood』(doubtmusic)を今年10月にリリースしている。

12月21日 東京 スーパーデラックス
19時開演 料金3000円(1ドリンク付)
出演:今井和雄、越川友尚、多田正美、椎啓
詳しくはコチラ>>>
[PR]
by kazuey1113 | 2008-12-17 19:27 | informaion

『齋藤徹/朱い場所』

c0098087_18534152.jpg齋藤徹が自身のレーベルTravessiaから新譜『朱い場所』をリリースした。共演者は箏の西陽子とヴィオラの佐藤佳子。「朱い場所」とは画家小林裕児の絵画につけられた作品名。齋藤と小林は度々ライブ・ペインティングの場で共演しているが、本作は小林の作品「朱い場所」に作曲したもの。大作「朱い場所」にはいろいろな物語が潜んでいたようで、齋藤は7つの小品を書き下ろした。それをギャラリー椿での小林裕児個展で、齋藤、西、佐藤の3人が演奏。本作はそれをライブ録音したもの。ミロンガ、トルコ風マーチ、あるいはハバネラにのって、絵画に描かれたモチーフ、人、動物、植物が絵画から出てきて、動き出し、踊り出しそう。絵画から生まれた音楽は、アルゼンチン、トルコ、モロッコ、マレー、キューバなど世界を巡る物語となった。ひとときこういう想像の世界に遊ぶのも楽しい。CDの価格も1000円と超お買い得(CDRではありません)。

購入は、齋藤徹のライブ会場やFtarri CDショップなどで。
Ftarri CDショップはコチラ>>>
[PR]
by kazuey1113 | 2008-12-17 19:14 | new release

ジョン・ブッチャー

今朝パソコンを起動して、メールをチェックしたら珍しくジョン・ブッチャーからお知らせが。BBC Radio3で彼の作品がイギリス時間の12月15日夜11時15分からオンエアされるとのこと。Huddersfield Contemporary Music Festivalでの音源で、ブッチャーのインタビューもある。

BBC Radio3はコチラ>>>

追記:ブッチャーの作品のスコアがPDFでアップされています。
    直リンクはコチラ>>>
    また、一週間くらいアーカイヴで聴くことができます。コチラ>>>
[PR]
by kazuey1113 | 2008-12-16 07:53 | informaion

Point of Departure Issue 20

オンライン・ジャーナルPoint of Departure(PoD)の最新号Issue20がアップされている。表紙は若き日のアンソニー・ブラクストン。Art Langeのコラムもそれに因んでかブラクストン。Travellin' Lightで登場するのは最近度々来日しているベーシスト、インゲブリクト・ホーケル・フラーテン。彼は新宿ピットインをフェイヴァリットな会場のひとつに挙げている。また、演奏後に行くレストランは東京が一番だと。

Point of Departure Issue20はコチラ>>>
[PR]
by kazuey1113 | 2008-12-10 22:27 | informaion
動画ウェブ・マガジンYou Play JAZZ?が更新された。
今回のアップされたコンテンツの中で面白かったのは、佐藤允彦と歌人の辰巳泰子との対談。You Play JAZZ?はコチラ>>>

ビデオ・ブログでは最近Jazz Vido Guyというのがスタートした。
アップされているのは「Sonny Rollins is a Work in Progress」一本のみだが、今後が期待される。コチラ>>>
[PR]
by kazuey1113 | 2008-12-10 21:56 | informaion

フレッド・フリス来日

フレッド・フリスが来日する。

2009年01月17日(土) 東京日仏学院/ラ・ブラスリー(飯田橋)
フレッド・フリス/横川理彦/アマッド・コンパオレ トリオ・ライブ
TEL:03-5206-2500
http://www.institut.jp

2009年01月18日(日) スーパー・デラックス(西麻布)
フレッド・フリス、大友良英、横川理彦、アマッド・コンパオレ カルテット・ライブ
TEL:03-5412-0515
http://www.super-deluxe.com

コンサート両日の前売り券並びに二日間通し券は東京日仏学院にて販売中!
コチラ>>>
[PR]
by kazuey1113 | 2008-12-10 20:53 | informaion