横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

<   2007年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

c0098087_19451283.jpg私もちょこっと関わっている矢沢朋子企画のエレクトロ・アコースティック音楽のコンサートのご案内。

Absolute-MIX presents Electro Acoustic Music
2007年3月27日(火)28日(水)@杉並公会堂
出演:ステファニー・グリフィン(viola)、矢沢朋子(p)、三橋千鶴(vo)他。
チラシ  

ガムラン音楽から出発し、現代音楽でもリンカーンセンターからオペラ形式の作品の委嘱を受けるなど時代の寵児になりつつあるトニー・プラボウの世界初演、日本初演などが演奏される。エレクトロ・アコースティック音楽自体は決して新しいものではないが、ガムランで培われた音楽的感性が加わることで新たな局面が拓かれた。精緻なテクスチャーを持ちながらも、ブライアン・イーノのアンビエント作品に通じる美的感性があり、懐かしさと斬新さが交錯するな不思議な世界を醸し出す。プラボウは今年10月に開催された第19回東京国際映画祭「アジアの風」部門で特別上映された映画「セランビ(SERAMBI)」(本年度カンヌ国際映画祭「ある視点」部門の招待作品)の音楽も担当しているように、幅広く作曲活動をしているインドネシアを代表する作曲家だ。見本市2005のセミナー「インドネシアの舞台芸術事情について」に出席する為に来日しているが、本公演に合わせて再来日し、3月28日にプレ・トークを行う。

またマルチ・ユーザー音楽ソフト、ピッチ・ウェブの無料ワークショップも同日に開催。ピッチ・ウェブはアメリカの作曲家、ウイリアム・ダックワースとノラ・ファレルが開発したソフトだが、その携帯バージョンを来日時に発表!ピッチ・ウェブでは、オンライン上でコラボレーションするコミュニティーをカテドラル(CATHEDRAL)と命名、そこでは誰でもセッションに参加し、音楽が楽しめる。いわばカテドラルはオンライン上にある即興セッションの場。開発者から直接その操作法のレクチャーを受ける貴重な機会だ。昼の部の公演では、聴衆もケータイでカテドラルに参加するプログラムも用意。ケータイによる聴衆参加コンサートは間違いなく世界初の試み!!!
ピッチ・ウェブのサイトはこちら(英語のみ)

詳しくはコチラ
[PR]
by kazuey1113 | 2007-01-28 19:51 | informaion
c0098087_189040.jpgユリイカの最新号は特集「戦後日本のジャズ文化」!同タイトルの本でサントリー学芸賞を受賞したマイク・モラスキーと山下洋輔、奥泉光との対談の他、執筆者は五木寛之、白石かずこ、相倉久人、平岡正明、副島輝人、後藤雅洋など。ミュージシャンでは菊地成孔、大友良英、大熊ワタルも文章を寄せており、いままでにないユニークな切り口のジャズ特集となっている。大手ジャズ雑誌に現在レギュラーで書いているライターがいないというのも、日本のジャズ現場やジャズ・ジャーナリズムの実態を象徴的に表しているような。私も末席を汚しております。
[PR]
by kazuey1113 | 2007-01-28 18:44 | informaion

訃報

週末にアリス・コルトレーンとマイケル・ブレッカーが亡くなった。合掌。
詳しくはこちら、またはNY Timesの記事(英語です)↓
アリス・コルトレーン
マイケル・ブレッカー
[PR]
by kazuey1113 | 2007-01-15 07:16 | obituary
c0098087_19541434.jpg年末に購入した本だが、面白かったので紹介したい。
希有なインプロヴァイザーだが、スタイリッシュなジャズ・ギタリストでもあった故高柳昌行。彼の生前に書かれた文章が一冊の本にまとめられた。歯に衣を着せぬ言葉が心地よい。今日、高柳が生きていたら日本の即興音楽シーンをどう見たのか。日本で彼のようにロジカルに即興音楽を捉えていた人間は少ない。それゆえに、その言葉は貴重だ。ミュージシャンにこそ読んでほしい、と思う。アマゾンでも取り扱っている。

関連記事:CD Review『高柳昌行ニュー・ディレクション・ユニット/アクシス~もう一つの自転するものVOL.1』
[PR]
by kazuey1113 | 2007-01-07 20:04 | new release
c0098087_19473871.jpgステファン・グラッペリとも共演経験を持ち、かのメニューインも絶賛したという“ジプシー・ルーツ”ヴァイオリンの第一人者ロビー・ラカトシュが、2006年カーネギーホール公演を成功させ、新メンバーによるバンドで3月に来日。東京オペラシティでの公演のみ特別に4年ぶりのオリジナルアルバム『Fire Dance』を中心としたプログラムとなる。


3月9日(金) 石巻市民会館(宮城)
3月10日(土) 岩手県民会館(岩手)
3月11日(日) 北上さくらホール(岩手)
3月12日(月)~17日(土) 電力ホール(仙台)
3月18日(日) ルネこだいら(東京)
3月21日(水・祝) よこすか芸術劇場(神奈川)
3月22日(水) 東京オペラシティ コンサートホール(東京)
3月24日(土) ザ・シンフォニーホール(大阪)
総合問い合わせ:カンバセーション03-5280-9996
詳細は:http://www.conversation.co.jp/"
[PR]
by kazuey1113 | 2007-01-07 19:57 | informaion
c0098087_19451064.jpgシャンソン界の最後の巨人にして、フランク・シナトラ亡き今最後のエンターティナー、シャルル・アズナブールが2月に来日!彼の曲はビング・クロスビー、シャーリー・バッシー、ライザ・ミネリ、プラシド・ドミンゴなど外国の歌手も多く取り上げている。60作もの映画に出演しているらしいが、私的にはトリュフォーの『ピアニストを撃て』が最も印象深い。「私は引退しない」という信念を貫き、80歳を超えた今も現役。そのアズナブールが16年ぶりに最後の日本公演にやってくる。

2月3日(土)4日(日) 大阪フェスティバルホール
2月7日(水) 福岡シンフォニーホール
2月9日(金)10日(土)11日(日) 東京国際フォーラム ホールA
2月13日(火) 愛知県芸術劇場 大ホール

詳細はカンバセーションのHPで:http://www.conversation.co.jp/
[PR]
by kazuey1113 | 2007-01-07 19:45 | informaion

謹賀新年

c0098087_1117275.jpgあけましておめでとうございます。
A Happy New Year!
Prosit Neujahr!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
よい年になりますように!
May your 2007 be filled with music, peace, and happiness of the season.
Viel Glueck zum neuen Jahr!
[PR]
by kazuey1113 | 2007-01-01 11:17 | misc.