横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

<   2006年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

10月末から11月初めにかけて来日したICPオーケストラのフォト・ドキュメントがjazztokyoに掲載された。↓
http://www.jazztokyo.com/yokoi/v09/v09.html

写真は全て新宿ピットインで撮影したもの。沢山のお客さんが来ており、後ろのほうにいた人はミュージシャンの姿も見づらかったと思われたので、今回の記事は写真を多く乗せることにした。

来日にあたって書いた関連記事はこちら
[PR]
by kazuey1113 | 2006-11-25 23:19 | column
現代日本文学の研究者であり、「アケタの店」などでジャズピアニストとして演奏していたようにローカル・ミュージシャンとしても活動しているマイク・モラスキー著『戦後日本のジャズ文化—映画・文学・アングラ』(青土社)が第28回サントリー学芸賞<社会・風俗部門>を受賞することが決定。「ジャズ」をきちんと位置づける形で「戦後日本文化」を論じたことが評価されたといえる。
サントリーのニュースリリースはこちら

戦後の日本文化論としても大変興味深い本であるだけに、アメリカ人である著者自身の手で是非英語バージョンも出版していただきたいものだ。欲を言えばフランス語訳も。そうすれば、海外で日本の戦後ジャズ史はもちろん、日本の戦後文化を理解してもらうための格好の著となるからである。

出版された当時書いたReviewはこちら。 
上記Reviewで、著者のことをアマチュア・ミュージシャンと書いたが、ローカル・ミュージシャンという表現ほうがより適切であると思う。この場を借りて訂正したい。
[PR]
by kazuey1113 | 2006-11-25 21:31 | informaion
c0098087_13164874.jpgc0098087_1317210.jpg








アレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハの最新作はソロ・ピアノ集。グローブ・ユニティの対極ともいえるピアニストとしての世界。Vol.1は師であったベルント・アロイス・ツィンマーマンの作品《Allegro Agitato》以外は彼の作品、Vol.2ではエリック・ドルフィーやセロニアス・モンクの作品も演奏。シュリッペンバッハの約半世紀に渡る音楽生活が集大成されたといもいえるアルバムだ。
以前、セシル・テイラーが雑談の中でこうつぶやいていた。「アレックスは60年代ヨーロッパで僕と同じようなことをやろうとしていた」。ピアニスト多しといえどセシル・テイラーに伍するピアニストは彼しかいない。推薦盤!!!
(ただし所謂フリージャズではありません)
内容詳細はIntakt Recordsこちらで。
日本国内の流通状況は不明だが、Intakt Recordsここから購入可能。
[PR]
by kazuey1113 | 2006-11-18 13:25 | new release
c0098087_216557.jpgかれこれ十数年前、ベルリンジャズ祭で知り合ったドイツの写真家Detlev Schilkeの写真を使用した2007年版ジャズ・カレンダーがjazzprezzoから発売されている。カレンダーといってもヨーロッパのアート・カレンダーでよくある週毎にページをめくるブックタイプのもの。写真も53枚掲載されている。ドイツ・アマゾンなどで購入可能。また、SchilkeのHPでは彼のさまざまな作品を見ることができる。
[PR]
by kazuey1113 | 2006-11-16 21:19 | new release

Intakt Records New Releases

今年20周年を迎えたスイスのIntakt Recordsは、大ベテランからスイス・シーンの若手まで、現代のヨーロッパにおけるジャズ・即興音楽で注目すべきミュージシャンのCDを数多くリリースしている。最近ではアレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハの『Monk's Casino』が話題になったことが記憶に新しい。そのIntakt Recordsのニュー・リリースは、シュリッペンバッハのソロによる注目作『Twelve Tone Tales Vol.1 & Vol.2』をはじめとする下記の4作品。
詳細はHPで。

Alexander von Schlippenbach / Twelve Tone Tails Vol.1 (INTAKT CD115)
Alexander von Schlippenbach / Twelve Tone Tails Vol.2 (INTAKT CD116)
Omri Ziegele Billiger Bauer / Edges & Friends (INTAKT CD112)
Lucas Niggli Big Zoom / Celebrate Diversity (INTAKT CD118)

また、スイスに引っ越したバリー・ガイとその夫人マヤ・ホンバーガーのレーベルMaya Recordingsからも2作品がリリースされた。

Agusti Fernandes, Barry Guy, Ramon Lopez / Aurora (Maya Recordings 0601)
Evan Parker, Barry Guy, Paul Lytton / Zafiro (Maya Recordings 0602)

日本国内のディストリビューターはdisk unionとのことだが、残念ながらあまり見かけない。Intakt RecordsHPからも直接購入できるので、英語でのお買物が苦にならない人はそのほうが早いかもしれない。

また、Intakt Recordsも関わっているフェスティバルUNERCHOERT!ももうじき開催。詳しくはこちらのHP
[PR]
by kazuey1113 | 2006-11-16 20:26 | new release
c0098087_21105626.jpg現代音楽畑で活躍する矢沢朋子の最新リリース『フラッシュ・ポイント』(Geisha Farm)はピアニストとしての彼女のアンソロジー。いずれのトラックでもピアニストとしての類い希な資質と現代的センスが光る。中でもジョン・ゾーンの一人コブラ的作品《Carny》はこれ以上の演奏は不可能ではないかというくらいの出来。ジスモンチの《七つの指輪》もアレンジが秀逸で演奏もジスモンチ以上。他に平石博一、サーリアホ、ジョン・ケージ、メシアンなどの作品を取り上げており、現代音楽の枠を超えてアンビエント、テクノなど幅広い音楽ファンにアピールする内容。これこそ本当の意味での現代の音楽である!
堀内宏公さんによるCD Review@jazztokyoはここ
Absolute-MIXというミクスト・メディア・プロジェクトに取り組んでいる矢沢は、来年3月に海外から演奏家を迎えたコンサートとワークショップを計画中。
[PR]
by kazuey1113 | 2006-11-13 21:20 | new release

メデリック・コリニョン

ルイ・スクラヴィスのNapoli's Wallsに参加したことで広く注目を集めるようになったメデリック・コリニョン。10月にフランスのレーベルMiniumから『Porgy and Bess』をリリースしたことで、先日ラジオフランスに出演。

http://www.radiofrance.fr/francemusique/em/coeur_pique/
右上にある「(re)ecouter l'emission du...」をクリックするとRealplayerで再生。1週間聴ける。

ちなみにコリニョンの『Porgy and Bess』はマイルス版Porgy and Bessの、ギル・エヴァンスのアレンジを下敷きにしているとか。Miniumは澤野商会が取り扱っているレーベルだが、是非このCDも国内発売してほしいものだ。
[PR]
by kazuey1113 | 2006-11-11 14:20 | informaion
サウンドアートの先駆的存在として知られる鈴木昭男が2002年以来4年ぶりで東京で公演を行う。エヴァン・パーカー以降のサックス奏者で最も注目される存在のひとりジョン・ブッチャーと今年スコットランド・ツアーも行ったという鈴木昭男。今回どのようなパフォーマンスを見せてくれるのか大変興味深い。

11月23日(木)24日(金) コア石響
詳細情報はこちら
[PR]
by kazuey1113 | 2006-11-11 13:57

MZN3+Y 北欧HOT!

c0098087_8445827.jpg北欧のジャズ界の強力トリオMZN3が初来日!!!
11月23日、24日スーパーデラックスでライブを行う。

シェティル・メステル(sax)、ペール・ザヌッシ(b)、シェル・ノルデソン(ds)によるトリオMZN3は、現在の北欧のジャズ・シーンで最も注目すべきプロジェクトのひとつ。今回のライブでは、『ライヴ!アット・スーパーデラックス』(ボンバ)で同じ北欧のミュージシャン、インゲブリグト・ホーケル・フラーテンとポール・ニルセン・ラヴと共演し話題になった八木美知依(箏)がMZN3に加わる。邦楽という枠を超え、幅広く活躍し、即興演奏の場でも数々の素晴らしい演奏を行ってきた八木の参加により、どのような可能性が拓かれるか注目したい。きっとスリリングでHOT!な夜になるだろう。

詳しい情報は特設サイトにて:http://mzn3.grinningtroll.com
[PR]
by kazuey1113 | 2006-11-08 08:46 | informaion
11月9日(木)NHKニュース、おはよう日本『アジア&ワールド』(7:45~8:15の間)の中で、10月上旬に開催されたフェステバル・コンダ・ロータ「ラマダンの夜」に出演した「グナワ・ディフュージョン」のライブの模様とリーダー、アマジーグ・カテブのインタビューがオンエアされる予定。
ライブレポートはこちら
[PR]
by kazuey1113 | 2006-11-08 08:31 | informaion