横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

ブロッツマン+八木美知依+ポール・ニルセン・ラヴ

c0098087_202338100.jpgペーター・ブロッツマン、八木美知依、ポール・ニルセン・ラヴの3人が始めて共演したのは、2006年ノルウェーのコングスベルグ・ジャズ・フェスティヴァルだった。そして、昨年、新宿ピットインでこのトリオにびっくりゲストとして坂田明を加えたメンバーでの演奏し、このトリオのパワーを印象づけたのは記憶に新しい。ヨーロッパでのツアーも好評なこのトリオがさらにパワーアップして、「Spirit & Power 2008」と題して下記の日程で京都、大阪、名古屋でライヴを行う。昨年以上にエキサイティングな演奏が期待できること間違いなし。

昨年の新宿ピットインのライブ・レポート@jazztokyoはコチラ>>>

9月28日(日) 京都 Club Metro
Tel: 075-752-4765

9月29日(月) 大阪 Jaz Room Nu Things
Tel: 06-6244-1071 Email: don-hirano@hotmail.co.jp

9月30日(火) 名古屋 Tokuzo
Tel: 052-733-3709 Email: info@tokuzo.com

今年の秋は賑やかだ!

ところで、つい数日前まで暑くて暑くて音楽を聴く気分にすらなれない日もたびたびあった。もちろんエアコンはある。念のため。暑さで脳ミソがとろけそうになりながら、音楽はそれが生まれた土地の気候風土にも多いに関係あるなあと思った。

暑い暑い東京なのに、暑苦しい筈のフィジカルなフリージャズは意外と聴ける。しかし、現代音楽はもちろん、特にドイツ系は駄目。シュトックハウゼンなんてもってのほか。頭の芯がヒンヤリ冷たくなっていないと聴けない、そんな感じなのだ。しかし、湿度が低く、朝夕涼しかった北海道では聴いてもいいかもという気分になる。たしかに我が田舎は北ドイツに気候風土が少し似ている。グリュック王国などという代物は別にしても。しかし、東京に戻ってくると…。気温が下がったとはいえまだ湿度が高すぎる。

そうは言ってもほっと一息の日々。このまま素直に秋になるとは思えないけれど、少しづつは気候もよくなるし、ヨーロッパ・フリー、即興演奏を聴くには格好のシーズン。違った意味で暑い秋になりそうだ!
[PR]
by kazuey1113 | 2008-08-26 20:56 | informaion