横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

アンドレア・チェンタッツィオとIctus Records

アンドレア・チェンタッツィオはイタリア人パーカッション奏者で今はアメリカに住む。ジョルジオ・ガスリーニやスティーヴ・レイシーが師という彼は、70年代から80年代にかけて多くのフリー・ミュージックの演奏家と共演を重ね、自身のレーベルIctusからその録音をリリースしてきた。その中にはまだ無名だったジョン・ゾーンなどとの共演もある。一時、演奏活動を休止し、レコードも廃盤状態だったが、近年演奏活動を再開し、Ictus Recordsも再スタートさせた彼について紹介記事をjazztokyoに書いた。コチラ>>>

この記事を書くにあたってチェンタッツィオから写真を提供してもらった。送られてきた写真を見たら、貴重なセッション風景がいろいろ。スティーヴ・レイシー、アルバート・マンゲルスドルフ、またジョン・ゾーンなどが写っている。みんなまだ若い。。。

最近チェンタッツィオは在米日本人演奏家とも共演している。日本での公演を望んでいる彼の夢がいつの日か実現することを祈りたい。

Ictus RecordsのHPはコチラ>>>
国内流通状態は不明だが、上記HPからもCDを購入できる。
iTunes Storeでもダウンロード可能。検索はAndrea Centazzoで。
[PR]
by kazuey1113 | 2008-05-20 20:55 | column