横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

Point of Departure Issue 17:『スティーヴ・レイシー特集』

Point of Departure(PoD)の最新号(Isuue17)がアップされた。PoDはビル・シューメーカー主宰のウェブ版リトル・マガジンだが、フリー、インプロなどの情報が得られる貴重なメディアのひとつだ。

今回はスティーヴ・レイシーの特集。シューメイカーによる晩年のインタビューが掲載されている他、メールによる討論「What's New?: PoDラウンドテーブル」でもニューイングランド音楽院のアラン・チェースとフランスの逸材ブノワ・デルベックがレイシーについて語り、「Esteem」と題したコーナーではジャン=ジャック・アヴェネル、ハン・ベニンク、エンリコ・ラヴァ、エヴァン・パーカーなどがレイシーについて言葉を寄せている。また、常連執筆者であるスティーヴ・レイクやフランチェスコ・マルティネリもレイシーについて寄稿。貴重な写真が各ページ1枚づつ掲載されているので、長い文章を読むのが面倒でもとりあえず写真を眺めるという楽しみ方もあるかもしれない。

他に新譜紹介ではマリリン・クリスペルの『Vignettes』(ECM)、アンソニー・ブラクストンの4タイトル、ハミッド・ドレイク、ウエイン・ホロヴィッツ、クリス・マクレガー、マイク・オズボーンなど日本でなかなか紹介されないミュージシャンの作品も取り上げられている。

Point of Departure はコチラ>>>
オンライン・ジャーナルなのでバック・ナンバーも当然読める。
[PR]
by kazuey1113 | 2008-05-06 08:14 | informaion