横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

今井和雄トリオ

少し前に開催されたFtarri Festivalでは、随分と多彩な即興演奏、その表現を体験出来たという意味で貴重だった。内容的には玉石混淆だったと思うが、それもまた現在の状況ということだろう。幾つかとても印象に残ったセットがあったが、その一つ「今井和雄トリオ」が近々またライブをやる。

今井トリオはFtarri Festivalの中で最も異質な出演者だった。なぜなら、そのフェスティヴァルに出演したプロジェクトによる演奏の多くはジャズとは全く無縁なものだったにも関わらず、今井トリオのベースにあるのは全くもってジャズだったからだ。だが、聞こえてきた音からはジャズと思わなかった人もきっと多かったと思う。伊東篤宏 (optron)と 鈴木學 (electronics)の出すサウンド(ノイズといったほういがわかりやすいかもしれない)に乗っかって、今井のギターがテーマを弾き、アドリブを展開するのだが、それがジャズのサウンド構造を援用しており、本質的な意味でジャズに繋がっているのである。伊藤のオプトロン(蛍光灯)から出るノイズをリズムとして扱い、鈴木の自作アナログ・エレクトロニクスから出すサウンドを一種のハーモニーとして見立てていると今井はいう。この発想が面白い。そして、実際に演奏された曲はアーネット・ピーコックの作品であり、かの有名な≪サブコンシャス・リー≫であり、シャンソンだったのだ。そのサウンドはどう聞こえたのか。端的にいえば、アブストラクトな絵画の中から具象的なモチーフが浮かび上がり、それらが重層的に存在したかと思えば、また沈み込んでいく、そのような印象だった。今井のギターは秀逸、もう既に3年ほどライブ活動しているだけにバンドとして音楽的な安定感さえある。実に興味深いプロジェクトなので、いつかじっくり評できたら嬉しい。

このトリオは年に数回のペースでライブ活動を行っているようだが、5月は2度ほどライブの予定がある。
5月3日 横濱インプロ音楽祭 横濱エアジン
5月28日 なってるハウス

なお、4月26日から5月5日まで横濱インプロ音楽祭<春>が横濱エアジンと横浜バロック関内サロンで行われている。
詳しくはコチラ>>>
[PR]
by kazuey1113 | 2008-04-30 07:58 | informaion