横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

フリージャズのパイオニア古稀を迎える

4月7日はアレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハのお誕生日。今年めでたく古稀を迎えたということで、それが新聞に載ってしまうというのがスゴイ!それは、単に彼の音楽性が評価されているということの現れであるだけではなく、フリージャズやそれから派生した音楽(フリー・ミュージック)がきちんと歴史の中で位置づけられているということなのだろう。誰が書いているかと思えば、旧知のクリスチャン・ブロッキングだった。

Berliner Zeitungの記事はコチラ>>>

古稀とはいえ音楽家としてはまだまだ現役。この数年、毎年注目作を世に出しているが、結成三十数年になるというエヴァン・パーカー、ポール・ローヴェンスとのトリオの新作も近々リリースされるという。彼らフリージャズ第一世代の驚くべきパワーにはただただ脱帽するのみ。
[PR]
by kazuey1113 | 2008-04-08 00:15 | informaion