横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

ハワード・マンデル『マイルス、オーネット、セシル』

c0098087_97090.jpg私が最も信用するアメリカのジャズ評論家のひとり、ハワード・マンデルの著書が刊行された。英文タイトルは『Miles Ornette Cecil: Jazz Beyond Jazz / Howard Mandel』(Routledge)。3人の偉大な音楽家、マイルス・デイヴィス、オーネット・コールマン、セシル・テイラーを取り上げ、マンデル自身の音楽体験、インタビューに基づく彼らの言葉を交えながら、音楽家像に迫っている。マイルス本は日本でも数多く出版されているが、オーネット・コールマンやセシル・テイラーについて本格的に書かれた文章は少ないので、貴重な本といえる。日本語訳を出してほしいものだ。

ついでながら、ジョージ・ルイスがAACMの歴史について書いた大著『A Power Stronger Than Itself: The AACM and American Experimental Music / George E. Lewis』(The University of Chicago Press)も4月頃には出版されるようだ。サンプル版を読んだマンデルから「あれは素晴らしい仕事だ」から是非読みなさいと。
[PR]
by kazuey1113 | 2008-02-03 09:30 | new release