横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

異郷に住む音楽家達

毎年11月に開催されるベルリンジャズ祭のプログラムが決まったようだ。今年は「異郷に住む音楽家達」を特集している。オランダに住むアメリカ人マイケル・ムーア、コペンハーゲンに行ったオーストリア人のマイケル・マントラーなど。彼らの音楽的な傾向はさまざまだ。このようなトピックスで特集を組むこと自体、異郷化が進む現代を象徴しているように思う。

また、マグレブの音楽シャービの音楽家エル・グストが水曜日のメインステージに登場。土曜の夜はブラジルの名ギタリスト、ヤマンドゥ・コスタをフィーチャーしたトリオ・マデイラ・ブラジルによるショーロ。変遷する現代のローカル・ミュージックもピックアップしている。

詳しくはコチラ>>>

毎年のことながら実際のプログラムについては異論反論多々あるが、視線のあり方が日本のジャズ祭とは全く違う。というか、日本のメジャーなジャズ祭のレベルが低すぎるだけのことなのだが。
[PR]
by kazuey1113 | 2007-08-30 23:53 | informaion