横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

「失望」という名のバンド &アクセル・ドゥナー

c0098087_20123974.jpg現在来日中のアクセル・ドゥナー。日本では主に実験的即興演奏で知られているが、ジャズ・トランペッターとしても並ならぬ才を持つ。先日の井野信義@新宿ピットイン2daysでは、ジャズ的でリリカルなトランペット・プレイから実験的即興演奏をひとつのライブで披露/同居させるというチャレンジャブルなことをやってのけていた。そのドゥナーが、ベルリンに移住した90年代半ばに、高瀬アキとの共演で知られるルディ・マハールらと結成したのが、Die Enttaeschung。「失望」という名のバンドだ。ジャズ界でも世界的に注目を集めた重鎮アレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハの『モンクス・カジノ』も彼らとの出会いがあったからこそ生まれたプロジェクトなのだ。ただし、今回リリースされた『Die Enttaeschung』(Intakt CD 125)はモンクではなく彼らのオリジナル曲。それだけにそれぞれの個性とジャズとの繋がりがダイレクトに見えてくるから面白い。

CD Review @jazztokyoコチラ>>>
Intakt RecordsのHPからも直接購入できる。
詳しくはHPで:http://www.intaktrec.ch/

アクセル・ドゥナーには昨日話しを聞くことが出来た。テープ起こしもまだだが、いずれインタビューも掲載する予定。ジャズとの出会い、「失望」バンドのことから、実験的即興演奏、またヴァンデルヴァイザー出版の話しも。もう少々お待ち下さい。
[PR]
by kazuey1113 | 2007-07-30 20:28 | new release