横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

ロシア・ジャズ再考VOL.2


第1回が大変好評だった「ロシア・ジャズ再考」の第2回が7月15日にアップリンク・ファクトリーで開催される。「ロシア・ジャズ再考」とは、ロシア東欧のジャズの研究では第一人者の鈴木正美(新潟大学教授)のナビゲートで、レギュラー・ゲストに元ジャズ批評編集長でロシア・東欧のジャズを語らせたら右に出る者はいない岡島豊樹を迎え、貴重な映像や音源を流しながら、独自の発展をとげたロシアのジャズを紹介するイベント。

第2回は、1996年に42歳の若さで急逝したロシアの奇才セルゲイ・クリョーヒンを取り上げる。1980年代終盤、彼の率いるポップ・メハニカは、ヨーロッパを席巻した。1989年に高橋悠治が自身の企画「開かれた地平」に彼を招聘、その後も単独で来日している。

7月15日(日)開場 18:30 開演 19:00
入場料金:¥1,980(1ドリンク付)
場所:アップリンク・ファクトリー
詳細はコチラ>>>

予告編スライドショーについて↑↑↑
1989年メールスジャズ祭で撮影したセルゲイ・クリョーヒンのポップ・メハニカ。音楽フェスティヴァル写真撮影デビューだっただけに、今思うと本能でシャッターを切っているなと。瞬間を切り取っていた筈だが、ある時ここに時代が写っていることに気がついた。しかし、これほど興奮したステージはその後も数回あっただろうか。
(写真:横井一江)
[PR]
by kazuey1113 | 2007-06-28 21:30 | informaion