横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

ヨアヒム・キューン&ルイ・スクラヴィス

今年2月ベルリンで行われたコンサートで、ヨアヒム・キューン&ルイ・スクラヴィスのデュオが実現。その模様がベルリンのKulturradioの番組「LATE NIGHT JAZZ」で、5月5日23:04から0:00まで(日本時間5月6日6:04から7:00まで)オンエアされ、同時にストリーミング配信される。ラジオフランスと違いKulturradioはライブ・ストリーミングのみなので聴きたい方はご注意を。

コチラ>>> 左側の一番下にあるLive streamをクリック。

ヨアヒム・キューンは日本の音楽メディアでは滅多に紹介されないが、ドイツの大ベテラン・ピアニスト。60年代にセシル・テイラーの影響を受けてフリーへ傾倒、その後独自の道を歩んだ。今や時の人であるオーネット・コールマンとの共演盤もある。他方のルイ・スクラヴィスはヨーロッパでも屈指のクラリネット・サックス奏者で、国内盤も出たアフリカン・トリオ、Big Napoliなどのユニットなどで活躍しているが、ピアニストとのデュオは大変珍しい。昨年5月の高瀬アキとのデュオ・コンサート以来ではないだろうか。
[PR]
by kazuey1113 | 2007-04-28 10:17 | informaion