横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

続々報: メールス・フェスティヴァルの行方

8月末、メールス・フェスティヴァル音楽監督ライナー・ミヒャルケから音楽・報道関係者へBCCメールが送られてきた。今年のフェスティヴァル最終日に辞意表明してから、フェスティヴァル関係者による会議が行われたりしたが、結果的にライナー・ミヒャルケはメールス・フェスティヴァルから去ることになった。2005年を最後に引退したこのフェスティヴァルを始めたブーカルト・ヘネンから音楽監督を引き継ぎ、商業主義と一線を画す独自のプログラミングを維持してきただけに、とても残念な知らせである。

フェスティヴァル自体は来年も継続する方針のようだが、まだ新しい音楽監督は決まっていない。ドイツでは様々な報道がされているが、財務的なこともあり、また政治的なことも絡んでくるので、今後どのようなフェスティヴァルになるのかは不明だ。1974年の山下洋輔トリオ出演を皮切りに日本人ミュージシャンも多く出演、日本でも知名度の高いフェスティヴァルだけに、良い形で今後も開催されることを願っている。

Berliner Zeitungの記事はコチラ>>>

Der Westenの記事はコチラ>>>

RP Onlineの記事はコチラ>>>
[PR]
by kazuey1113 | 2016-09-10 12:49 | informaion