横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

セバスチャン・グラムス10月来日!

「セバスチャン・グラムス、日本に来るんだ!いいベースだよ!」
数日前、高瀬アキとあれこれ雑談していた時に、彼女の口から出てきた言葉である。どこかでフライヤーか何かを見たらしい。

セバスチャン・グラムスを呼ぶのは、今までもバール・フィリップスを始めとした素晴らしい音楽家などを招き、日本をツアーしてきた齋藤徹で、10月にツアーを行うとの話は以前に聞いていた。ドイツ人セバスチャン・グラムスは40代のベーシスト、クラシック~ロック~ジャズ~即興とジャンルをまたいだ幅広い活動をしている俊才である。

そろそろスケジュールが出そろったかなと齋藤徹のサイトを見たところ出ていた。10月10日~24日まで14箇所。またとない機会なので是非!
詳しくはコチラ>>>

また、齋藤徹は「矢萩竜太郎10番勝負!」を敢行中。矢萩竜太郎は齋藤徹と何度も共演しているダンサー、障がい者(ダウン症)だが、外連味のない素晴らしいダンスは国内外の聴衆に深い印象を残してきた。今秋、矢萩竜太郎は齋藤徹、ピナ・バウシュ舞踊団のソロ・ダンサーでもあるジャン・サスポータス、アコーデオン奏者のウテ・フォルカーと共にドルトムントのフェスティヴァル他ドイツで4公演に招待されている。それを前に東京、沼部「いずるば」( http://www.izuruba.jp/ )でも8月10日から齋藤徹とパフォーマンスを行っており、来る9月14日が6回目で日本の最終回。ドイツでの4公演と合わせて10番勝負!となる。

また、矢萩竜太郎を昨年から撮り続けているドキュメンタリー映像作家の近藤正典もこのドイツツアーに帯同する予定だが、渡航費の援助は認められたものの滞在費・機材のレンタル代に多額の費用がかかるため、寄付をお願いしているとのこと。なお、この企画は公益社団法人・企業メセナ協議会の認定を受けているので税額控除の対象になる。

詳しくはコチラ>>>
[PR]
by kazuey1113 | 2014-09-10 08:05 | informaion