横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

アンドレア・チェンタッツォ来日中、坂田明+藤原清登とツアー他

イタリア人ミュージシャン、アンドレア・チェンタッツォが来日、9月6日のJAZZARTせんがわを皮切りに坂田明、藤原清登と現在ツアー中。チェンタッツォはイタリアのジャズ・マエストロ故ジョルジォ・ガスリーニのバンドでミュージシャンとしてのキャリアをスタート、その後スティーヴ・レイシーの薫陶を受けた。1970年代にフリーミュージックを出す個人レーベルIctusを発足、ミッテルヨーロッパ・オーケストラを結成するなど積極的に音楽活動を行っていた。コアなファンならばこのIctusからリリースされたスティーヴ・レイシーを始めとする作品の幾つかを覚えているかもしれない。80年代、交通事故で重傷を負ったため、演奏活動を中断、Ictusも休止した。しかし、1990年代初頭ににアメリカへ移住し、音楽家としての活動を再開、Ictusも復活、新録もリリースしている。

チェンタッツォの音楽における師はガスリーニとレイシーだが、パーカッションの師はピエーレ・ファーヴレ。彼の拡張したドラムセットにその影響が伺える。珍しいセットなので、JAZZARTせんがわでは終演後写真に撮る人が多くいた。今回はツアー用のセットだが、フル装備の写真ではファーヴレのように(それ以上たくさん)ゴングをずらりと並べていた。

今回共にツアーしている坂田、藤原とは、2012年にイタリア、ミラノで行われた震災チャリティ・イベントで偶然共演することになったのだという。この3人の相性はとてもよく、日本で再演、そしてツアーとなったのである。

9月8日 大阪 ロイヤルホース
9月12日 中州ジャズ
9月13日 中州ジャズ
9月14日 三原 順勝寺
9月15日 岡山 蔭涼寺
詳細は藤原清登のサイトに出ている。コチラ>>>

また、9月16日には石川高(笙)と秋山徹次(g)と共演する。「日本人のほうがその繊細さにおいて、アメリカ人よりはヨーロッパ人の感性に近い」というチェンタッツォ。この出会いもまた興味深く、見逃せない。

9月16日 キッド・アイラック・アート・ホールアンドレア・チェンタッツォ(per, electronics)、石川高(笙)、秋山徹次(g)
開場19:30 開演20:00
予約2700円 当日3000円
Tel: 03-3322-5564
Mail: arthall@kidailack.co.jp

チェンタッツォ@JAZZARTせんがわ↓
c0098087_08213214.jpg
(フレームドラムが反射板になってしまっていて…)


[PR]
by kazuey1113 | 2014-09-09 08:23 | informaion