横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

『佐藤允彦&ローレン・ニュートン/Skip the Blues』

c0098087_07330348.jpgjazztokyoの連載フォト・エッセイでは毎回異なったミュージシャンについて書いているが、今回ローレン・ニュートンを取り上げた(コチラ>>>)のはリリースされたばかりの『佐藤允彦&ローレン・ニュートン/Skip the Blues』(Mobys/Chitei Records)を聴いたからだ。1982年のパンムジーク・フェスティヴァルと1986年スタジオ200での再会セッションのカップリング。未発表ライヴ音源のCD化、貴重なドキュメントである。

ローレン・ニュートンの初来日は1982年。この時、富樫雅彦、ペーター・コヴァルトとの録音『コントラスト』(キングレコード Paddle Wheel)を残しているが、佐藤允彦とのセッションの音源が残っているとも聴けるとも思っていなかったので興味津々でCDをプレイヤーに入れた。勢いのあるサウンドに引き込まれていく。疾走するヴォイス(ニュートン)に、抜きつ抜かれつ併走し先んじて手を打つピアノ(佐藤)。ここでの佐藤は内部奏法も多用している。スピード感ある展開の中に、ローレン・ニュートンの音楽に向き会う姿勢、ヴォイスによる表現の可能性を拓かんとするアグレッシヴさが浮かび上がってくる。80年代にタイムスリップしたような感覚になりつつ、楽しんだ。臨場感を伝えるアナログな音質もまた増感して現像したフイルムから焼いた写真を見ているようで一興あり。思い起こせば80年代は色々な個性のヴォイス・パフォーマーが表舞台で活躍を始めた時代である。これは、まさに当時の現在進行形の音楽だった。聴いた後、一陣の風が通り抜けていったあとのような爽快感が残ったのはそれゆえだったのだろう。

フォト・エッセイはコチラ>>>

ローレン・ニュートンの最近作は、フィル・ミントンとのデュオによる『O HOW WE』。Bandcampからのダウンロード版のみ。こちらで試聴も出来る。コチラ>>>

↓は1ヶ月限定の表紙に使用した写真@横濱ジャズプロムナード2002。彼女はフォトジェニック。
c0098087_07343772.jpg
【蛇足】昨年随分久しぶりに圧倒されるようなヴォイス・パフォーマーを観た。SOFA NIGHTで来日したソフィア(Sofia Jernberg)である。彼女のパフォーマンスはまた是非観たいと思う。ソロアルバムを心待ちにしているのだが…

[PR]
by kazuey1113 | 2014-05-27 20:41 | column