横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

ニルス・ヴォグラム&サイモン・ナバトフ初来日!!!

ニルス・ヴォグラムはドイツ及びその周辺では最注目のミュージシャン、アルバート・マンゲルスドルフ以来の逸材といっていいトロンボーン奏者である。昨年(2012年)のベルリン・ジャズ祭では、彼がリーダーの3つのバンド(セプテット、ノスタルジア・トリオ、ルート70)、そしてサイモン・ナバトフとのデュオの合計4ステージに出演。これはかつてないことで、音楽監督ベルト・ノグリックの彼に対する高い評価があってこそのプログラミングだった。

また、サイモン・ナバトフはモスクワ生まれでニューヨークに移住、そこでの活動を経て現在ドイツ(ケルン)を中心に幅広く活躍するベテラン・ピアニスト。ニルス・ヴォグラムとはデュオで演奏を始めて15年以上、息の長いコンビである。

春頃ニルスから韓国のジャズ祭に呼ばれたので、帰りに日本に寄りたいとの連絡が来たことから、2箇所でのライヴが実現。滅多にない機会なのでお見逃しなく!

8月19日(月) 新宿ピットイン
8月20日(火) 横濱エアジン

プロフィール等詳細はコチラ>>>

ちなみに私がニルスを初めて見たの2000年のメールス・ジャズ祭。ルート70だった。あまりの前人気ぶりにビックリし、その演奏に二度びっくり。これほどのトロンボーン奏者は滅多にいないからだ。その後、いつの間にか高瀬アキのバンド「アキ・プレイズ・ファッツ・ウォーラー」のメンバーにもなっていた。彼女のCDでも彼のトロンボーンの素晴らしさが聴き取れる筈。
c0098087_8295786.jpg

[PR]
by kazuey1113 | 2013-07-11 08:30 | informaion