横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

訃報: ベルナール・ヴィテ

残念なことだがフランスからまた訃報が。戦後フランスのジャズ史の生き証人ともいえるトランペッター、ベルナール・ヴィテが呼吸器不全で7月3日に亡くなった。1934年5月26日生まれ、享年79歳。

1960年代は、セルジュ・ゲンズブール、ブリジット・バルドー、コレット・マニーなどの歌手の伴奏者を務める(後にはブリジット・フォンテーヌやタミアの伴奏も)。また、かの有名なクラブ・サンジェルマンや米軍クラブでジョニー・グリフィン、ドン・バイアス、マーシャル・ソラル、ミッシェル・ポルタル、バルネ・ウィランなどと共演。そして、1964年にはフランソワ・テュスクとグループを結成。それはフランスで初めてフリー・ジャズを演奏するグループだった。アラン・シルヴァのセレスティアル・コミュニケーション・オーケストラ、また初期(1970年)のアレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハのグローブ・ユニティ・オーケストラにも参加。1976年にはジャン=ジャック・ビルジェと共にUn Drame Musical Instantane(インスタント・ミュージカル・ドラマ)を始め、2008年まで継続的にそれを行っていた。

ル・モンドの記事はコチラ>>>
*上記サイト↑には動画もアップされている。

ジャン=ジャック・ビルジェによる追悼文はコチラ>>>

合掌。
[PR]
by kazuey1113 | 2013-07-08 19:22 | obituary