横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

ワダダ・レオ・スミス JJA Jazz Awards 2013

2013 JJA Jazz Awards Winners音楽家部門が5月1日に発表された。ワダダ・レオ・スミスがミュージシャン・オブ・ザ・イヤーとトランペッター部門で受賞。特別功労賞とソプラノサックス部門はウェイン・ショーター、作編曲家部門はマリア・シュナイダー、新人部門はアーロン・ディール、アルトサックス部門はルドレシュ・マハンサッパ、テナーサックス部門はクリス・ポッター、ピアノ部門はヴィージェイ・アイヤーなど。ジャズ・ジャーナリズム部門については、6月19日ブルーノートで開催される受賞パーティで発表される。

また、今回は特別に名誉ジャズ芸術家賞が設けられ、ソニー・ロリンズに授与されることが決まった。50年代から活躍、まさに生きるといえる伝説ロリンズだが、実はオーネット・コールマンと同い歳、セシル・テイラーの一歳年下。いかに天才だったか。まだ健在とは素晴らしい。

詳しくはコチラ>>>

日本ではほとんど話題にならなかったが、公民権運動をテーマにした大作の集成である4枚組CD『Ten Freedom Summers』(Cuneiform Records)が高く評価されたワダダ・レオ・スミスは、4月15日に発表されたピューリッツアー賞音楽部門でもでファイナリストになっている。コチラ>>>

このアルバムのことを知り、入手したのは今年になってからで、そのために2012年度のベストに入れることが出来なかった。反省。

また、ワダダ・レオ・スミスの新譜『Occupy The World』が6月にリリースされる予定。
[PR]
by kazuey1113 | 2013-05-22 08:33 | informaion