横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

訃報: サム・リヴァース

サム・リヴァースが12月26日フロリダ州オーランドで亡くなった。1923年9月25日生まれ、享年88歳。スタジオ・リヴビーを開くなど、70年代ニューヨークのロフト・ジャズのキーパーソンとしても知られるサックス奏者のリヴァースだが、最初のレコーディングは『マイルス・イン・トーキョー』ではないだろうか。1964年にごく短い期間だがマイルス・デイヴィスのバンドに在籍していたことから来日、その時の録音である。その後、70年代はブルーノート、インパルスなどから続々とリーダーアルバムを発表。それ以降もヨーロッパのレーベルなどに録音を残しており、中にはアレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハとの共演盤もある。また、今年リヴビー・オーケストラでの録音『Sam Rivers & The Rivbea Orch / Trilogy』がモザイク・レコードからリリースされた。個人的には、白石かずこのアルバム『Dedicated To The Late John Coltrane』での演奏が好きだった。それは、詩の朗読と音楽とのコラボレーションの録音では今でもワン・オブ・ベストだと思っている。(再発された年にjazztokyoのベスト盤のひとつに挙げたくらいだ。コチラ>>>
合掌。

New York Timesの記事はコチラ>>>

Billboardの記事はコチラ>>>
↑で掲載されている写真はスタジオ・リヴビーで撮影されたもののようだ。
[PR]
by kazuey1113 | 2011-12-29 11:20 | obituary