横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

セルゲイ・レートフ

セルゲイ・レートフ(マルチ管楽器奏者、作曲家)はペレストロイカ以前から前衛的な表現を探求してきた音楽家で、世代的にはセルゲイ・クリョーヒンとほぼ同じである。(クリョーヒンについての拙文はコチラ>>>)彼は演奏活動にさまざまな制約があった旧ソ連時代から、「公式/非公式」の枠を超え、ジャズ、現代音楽、ロックといった多様な音楽ジャンル、文学、演劇、映画、絵画など多彩な分野の芸術家とも交流、共演してきた。彼については音楽評論家の岡島豊樹氏が詳しく、インタビューもアップされているので、興味のある方はそれを読んでもらいたい。コチラ>>> 

そのセルゲイ・レートフが、新潟大学における公開研究会「ソ連非公式芸術とジャズ文化」他で講演するために来日するという。

12月3日 新潟大学・新潟駅前南キャンパス「ときめいと」(ジュンク堂の2階)
新潟大学人文学部主催 公開研究会「ソ連非公式芸術とジャズ文化」
報告:セルゲイ・レートフ、木村英明、梅津紀雄、岡島豊樹、司会:鈴木正美
入場無料

12月4日 砂丘館
上記関連公演「ロシアから即興の風が吹いてくる2」
出演:セルゲイ・レートフ(sax)、堀川久子(dance)、河崎純(b)、鈴木正美(cl)
入場無料

12月8日 埼玉大学

12月9日 早稲田大学


東京でも旧知のミュージシャンのライヴなどに出没、友情出演するもよう。

12月6日 荻窪 ベルベットサン 
SXQ[松本健一(ss)、立花秀輝(as)、藤原大輔(ts)、吉田隆一(bs)、木村昌哉(ts,ss)]

12月7日 西荻窪 音や金時 
向島ゆり子(vl)、石川高(笙)、関島岳郎(tuba)

12月8日 渋谷 Bar Isshee
梅津和時(sax,etc)、坂田明(sax)

12月9日 入谷 なってるハウス 
原田依幸(p)

12月10日 渋谷 アップリンク
セルゲイ・レートフ来日記念 『ロシア・ジャズ再考/復活祭』
Talk:鈴木正美(ロシア・ジャズ研究家) 岡島豊樹(東欧~スラヴ音楽リサーチ・センター)
Live:構成:河崎純(b) 演奏:a' qui avec Gabriel(acc)、立岩潤三(per)+パフォーマンス・映像:「いまからここで」

12月11日 吉祥寺 サウンドカフェ・ズミ 
ポスト・クリョーヒン・スタディーズ(特別編)

岡島氏のブログ「東欧ロシアジャズの部屋」ではレートフ関連記事はもちろん、東欧ロシアのジャズについて沢山の書かれているので、興味のある方はぜひ。コチラ>>>
[PR]
by kazuey1113 | 2011-11-06 10:22 | informaion