横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

PHASES(ファーズ)

c0098087_10551274.jpg『PHASES』(ファーズ)という「雑誌」形態の冊子が首都大学東京人文科学芸術科表文化分野から発刊された。企画・編集(表紙や扉のアートワークも)は、現代のアートや文学などさまざまな領域に造詣が深く、アップリンク・ファクトリーでは「夜のポエティズム」と題したアニメーション講座を続けている赤塚若樹。小特集がジャズということで私も寄稿させていただいた。他にもさまざまなテーマのテキストなどが掲載されている。
目次等はコチラ>>>

「雑誌」ならではのよさが伝わってきた。なんたってアナログ大好き人間、紙媒体なのが嬉しい。ペラペラとページをめくりながら、そういう行為自体がなんとなく楽しいものだということを思い出したのだ。こういう楽しさはウェブにはない気がする。

小特集<ジャズ>では、赤塚若樹の「ベティ・ミーツ・ジャズ-フライシャーのジャズ・カートゥーンについて」を興味津々、楽しく読んだ。ジャズ・カートゥーンについての貴重なテキストである。岡島豊樹のチェコのマエストロへのロング・インタビューをまとめた「イジー・スチヴィーン・インタビュー」もいい。たまたま聴く機会があったスチヴィーンのフルートの音色を思い出した(コチラ>>>)。小特集とはいえ、編集者のカラーが上手く出ているなと思って感心した。なにしろ赤塚は『シュヴァンクマイエルとチェコ・アート 』という本も出しているくらいだから。

私は「旅の空の下、高瀬アキ・プレイズ・ファッツ・ウォーラーと」というエッセイ。カートゥーンといえば、ファッツ・ウォーラーは『オールド・ミル・ポンド』(邦題は『カエルのお祭り』だったらしい)などにカエル・キャラで登場する。高瀬のファッツ・バンドのメンバーであるユージン・チャドボーンに「どうしてカエルなの?」と一度尋ねてみたことがある。しかし、それについては「よくわからない」という答え。とはいえ、カエル・キャラがハマりすぎているくらいハマっていて愉快なのである。ちなみに『オールド・ミル・ポンド』は有名なカートゥーン映画らしい。ただし、ベティちゃんのフライシャーではなく、ヒュー・ハーマンの作品である。

大学の研究室発行の冊子ということで非売品。
一般の方の閲覧方法等についてはコチラ>>>
サウンド・カフェ・ズミ月光茶房に閲覧できるように置いてあるらしい。
[PR]
by kazuey1113 | 2011-01-30 11:45 | informaion