横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

ジャズ入門?

ジャズ批評から最新号「特集 ジャズ絶対入門」が送られてきた。その雑誌の意図、ジャズをもっと聴いてほしい、という気持ちはよくわかる。しかし、なにかがズレているような気がしてならない。そのわけは。

イマドキ、ジャズを教養としてその歴史云々をオベンキョウしながら聴こうという人って、どのくらいいるのかなということがひとつ。そしてまた、ジャズ初心者というけれど、ジャズになんとなく興味はある人でも音楽的嗜好やバックグラウンドは千差万別。それを一括りに「ジャズ初心者」にしていいのかなということ。

ジャズという音楽になんとなく興味があるという人は、他にいろいろな音楽を聴いてきた言わば音楽好きである可能性が高い。ならば、例えば「クラシック音楽ファンに薦める・・・」とか、「ヒップホップ・ファンに一押しの・・・」とか、それぞれの音楽ファンのための記事があってもいいのではないのかと思ったのだ。「ビ・バップと共にに生まれ、ドゥ・ワップと共に成長し、ヒップホップを生んだ」といったのはラスト・ポエッツだったけれど、そうしてみればヒップホップのルーツたるビ・バップを聴け、と言っても決して乱暴ではない。といった具合に。

ジャズ初心者には、聞きやすい、わかりやすいジャズを薦める、ということはわからないわけではないし、それが有効なターゲットもある。しかし、例えばハードコアな音楽が好きな人には、生ぬるい音楽よりもゴリゴリのフリージャズのほうが説得力があるかもしれない。また、岩浪洋三氏が「映画でジャズ入門」を書いておられたが、文学などの別の切り口もあるだろう。

ジャズは奥深い。それについての歴史云々といった蘊蓄は、ジャズ自体を素敵な音楽、カッコイイと思ってある程度聴いた上のことではないだろうか。いろいろジャズについて知れば、もっと違った側面から音楽が見えて面白いよ、楽しめるよ、あるいは知的好奇心が満足させられるよということは、ネクスト・ステップだろう。もっとも、そのような濃い記事も昨今はあまりないが。

ジャズファンとしての価値観に囚われてしまって、見えなくなっているのだろうなとも思う。音楽好きであることが裏目に出ているのか。マーケティングということはやはり必要だなと考える次第。どのようなターゲットにどのようなジャズをどのようにアピールするかがやはり肝要である。「特集 ジャズ絶対入門」も一捻りすれば、ありきたりのジャズ入門ではなく、面白い企画になったのだろうな、と思うと残念な気がしたのだ。
[PR]
by kazuey1113 | 2010-12-25 09:48 | misc.