横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

CDではなくLP

ライブ会場に必ずある出演者のCD販売コーナー、そこに珍しくLPがあったのでついつい買ってしまった。2006年録音『Mats Gustafsson Solo It Is All About...』。本人とも雑談少々。音楽配信の技術も進歩してきたので、CDと音楽配信で音質の差はなくなるだろう。なぜならデジタルだから。もはやパッケージとしての付加価値がなければCDの意味はない。しかし、LPの音質はまた違う。ということである。持参はしなかったが7インチ盤もあるそう。ミュージシャンでアナログ音盤が好きという人は結構いる。

LP片手にそそくさと帰宅。早速聴いた。やはりCDとは音質が違う!!!
音の立ち上がり方も。そして疲れない。

うちにあるLPもたまに引っ張り出すことにしよう。
年代物のGARRARDもたまに働かせないと…。

グスタフソンの来日スケジュール(Fire!+オルーク・日本ツアー&関連ライヴ)についてはコチラ>>>

追)行ったライブは八木美知依「夢十六夜」。久しぶりに彼女のソロを聴けて嬉しかった。《ソング・オブ・ザ・ステップス》は「曲」として演奏されて続けられる作品だと思う。山口小夜子に捧げた曲も。マッツ・グスタフソンはゲストとしての参加。
[PR]
by kazuey1113 | 2010-09-11 19:36 | misc.