横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

ラッシュ・ライフ、フォト・エッセイ

5月9日にレナ・ホーンが亡くなった。1917年6月20日生まれ、92歳。やはり映画『ストーミー・ウェザー』での姿が忘れられない…。合掌。

その訃報に接した時、そういえばレナ・ホーンはビリー・ストレイホーンと仲良しだったよね、とストレイホーンの伝記『Lush Life』David Hajdu著を本棚から随分久しぶりに引っ張りだした。

そして、1998年のベルリンジャズ祭でのDavid Murray Big Band, feat. James Newton plays "The Obscure Works of Duke Ellington & Billy Strayhorn"という長~いタイトルのプロジェクトのことを思い出したのだった。そういうわけで、Web Magazine JAZZTOKYOに月一回(隔週更新なので一回おき)連載のフォト・エッセイReferection of Musicはデヴィッド・マレイ。だが、サックスを吹く姿でもポートレイトでもなく、楽譜(譜めくりしなくてよいように譜面台2つに広げている)を前に踏ん張って指揮する姿。コチラ>>>

ストレイホーンの曲といえばなんと言っても≪A列車で行こう≫が超有名だ。しかし、私は≪Lush Life≫こそが代表曲だと思う。早熟な作曲家としての天才ぶりが表れていると同時に、後年書かれたその生涯を象徴するかのような詞がつけられているからだ。ゆえに伝記のタイトルにはそれこそ相応しいと本のページをめくりつつ、あらためて納得したのである。

jazztokyoの表紙はリハーサル時の写真。トリミングしての超横長変形サイズ、これがいいと思っても縦長の写真は使えないので、選択に苦慮する。隔週刊のWeb Magazineのため2週間限定なので、元の写真を下に貼り付けておこう。
c0098087_1864963.jpg

[PR]
by kazuey1113 | 2010-05-29 17:42 | column