横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

フォト・エッセイ@jazztokyo

Web Magazine JAZZTOKYOに月一回(隔週更新なので一回おき)でフォト・エッセイReferection of Musicを寄稿することになった。何かと忙しい、忙しいとなかなか書かない私に業を煮やした?編集長がこれならサクサクとやるだろうと持ち込んできた企画。予想通り、こういうのなら即日、あっという間に写真を選んで文章も書いて入稿。

フォト・エッセイということなので、この連載ではあくまで写真を選ぶことにこだわりたい。だから、原則一枚。情報過多な時代だからこそ敢えてそれを削りたいという意識もあるかもしれない。デジタルなデータが氾濫する今だからこそ、「フォトグラフィ」の瞬間性を伝えるためには、絞りこむべきと。

フォト・エッセイなので、通常のコラムとは文章と写真の立場を逆転、あるいはそこまではいかなくともフィフティ・フィフティにできたらいいなと考えている。通常、記事と共に掲載される写真は、文章では伝わらない情報を補うためにあるが、ここでは写真がイメージとして伝えるものを補足しつつ、コンパクトにそのミュージシャンなり、音楽、場合によっては時代背景に触れられればいいな、と思っている。

第一回はやはり個人的に思い入れのあるものから。雑誌などで何度か掲載されたことのある写真だが、「セルゲイ・クリョーヒン&ポップ・メハニカ@メールスジャズ祭1989」を選んだ。写真は画面いっぱいのほうが、ステージの迫力がより伝わったのだけど…。コチラ>>>

次の一枚もほぼ決まっている。それは来月。

JAZZTOKYOには、「Absolute-MIX 矢沢朋子ピアノ・ソロ」のライブレポートも書いた。コチラ>>>
ライブレポートを書くのも随分久しぶりだった。
[PR]
by kazuey1113 | 2010-04-03 17:28 | column