横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

ヴォイスの挑戦

声の表現、その可能性にスポットを当てたフェスティバル「ヴォイスの挑戦 FESTIVAL NEO-VOICE」が3月29,30,31日の三日間に渡って青山円形劇場で開催される。要注目の新たなフェスティバルだ!

初日は主催者でもある巻上公一と天鼓がライフワークとして取り組んでいる「声の可能性」に挑戦するプログラム。この2人と国内の主要なヴォイス・パフォーマー4人がソロ・ヴォイス・パフォーマンスを披露する。二日目はアルタイ共和国から来日するボロット・バイルシェフが出演、三日目は巻上公一が「7色の声を持つ妖精」とも呼ばれるおおたか静流を迎えて超歌謡リサイタル。

多角的に声の表現を体感できる本邦初の企画。フェスティバル開催期間中は、開場から開演までの30分間、オープニング・アクトとして、サイレントムービーとヴォイス、ホーメイのグループ演奏、芝居仕立てのヴォイスオペラも行われる。

ヴォイスの挑戦 FESTIVAL NEO-VOICE #1
青山円形劇場
3月29日(月)ソロ・ヴォイス・パフォーマンス
出演:天鼓、さがゆき、蜂谷真紀、巻上公一、灰野敬二、吉田アミ
3月30日(火)アルタイの英雄叙事詩カイ
出演 ボロット・バイルシェフ(アルタイのカイ)、梅津和時(bcl)、サポート:佐藤正治(per)
3月31日(水) 超歌謡リサイタル
出演:巻上公一、おおたか静流
演奏:佐藤芳明(acc)、四家卯大(cello)、三田超人(g)、清水一登(p, bcl)、坂出雅海(b)、佐藤正治(ds)

詳しくはコチラ>>>
[PR]
by kazuey1113 | 2010-03-16 20:06 | informaion