横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

スコピエ

旧ユーゴスラビアのマケドニアは人口約200万人の小国。そこの首都スコピエに1982年から続く中欧随一のジャズ祭があることは寡聞にして知らなかった。その28年の間、ユーゴスラビア内戦あり、隣接するコソボでは紛争あり、独立に際しては国名でギリシャともめるという不穏なことが相次いだにも関わらず、ジャズ祭は休まずに続けられ、欧米の一流ミュージシャンがそこを訪れている。80年代初頭にガネリン・トリオなどが出演しているのは旧共産圏ならではのラインナップだろう。街中でジャズ祭のポスターを見かけたが、マケドニアの文化省が共催、大手企業がスポンサーとなり、文化事業としてジャズ祭運営がサポートされているのは羨ましい限りである。内容もまた日本の大手ジャズ祭とは比べものにならない。実際のフェスティヴァルも約1500人収容のコンサートホール他で行われたが、ソールドアウトだったらしい。
c0098087_1918366.jpg

スコピエにある11世紀の城塞跡。歴史に翻弄されてきた地域ならではの遺跡だろうか。スコピエのアレクサンダー大王空港には軍用ヘリコプターが並んでおり、市内でもNATO軍兵士を見かけた。
c0098087_19181697.jpg
c0098087_19192032.jpg

↓城塞のある公園からはスコピエ市内を一望できる。
c0098087_1921474.jpg

ターキッシュ・バザールの入り口のカフェでローカル・ミュージシャンが演奏していたのはサティだった。
c0098087_205720.jpg

そういえば旧ユーゴスラビアのヤイツェ生まれのトランペッター、ダスコ・ゴイコヴィチのアルバムに『スインギン・マケドニア 』というのがあったっけ。
[PR]
by kazuey1113 | 2009-10-27 19:56 | misc.