横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

徹の部屋 Vol.3

c0098087_19404364.jpgベーシスト齋藤轍が、3月にスタートさせた隔月コンサート・シリーズ『徹の部屋』、早いものでその第3回が7月17日に行われる。場所は東中野ポレポレ坐の一階にあるカフェ・スペース。

今回は箏カルテット・螺鈿隊とのセッション。Koto Vortexとの共演、沢井一恵との即興セッションなど箏奏者との共演歴も多い齋藤徹ならではの企画だ。もう20年に経つという箏とのつきあいについては、齋藤徹が自身のブログにいろいろ書いている(コチラ>>>)。

徹の部屋 Vol.3 「オンバク・ヒタム 四匹の竜」
日時:2009年7月17日(金) 18:30open/19:30start
出演:齋藤徹、螺鈿隊(市川慎、梶ヶ野亜生、小林真由子、山野安珠美)
演奏曲目:タンゴ・エクリプス、糸~西覚寺、for ZAI~オンバク・ヒタム桜鯛、舟歌(朱い場所より)、ストーン・アウト
チケット:前売3,000円 当日3,500円 (+ワンオーダー )
場所:Space&Cafe ポレポレ坐
TEL : 03-3227-1405 event@polepoletimes.jp
詳しくはコチラ>>>

9月16日には、座・高円寺で「オンバク・ヒタム」公演が行われる。5月19日ベーストリオ+7月17日の螺鈿隊に田中泯も入った公演。「オンバク・ヒタム」はオンバクヒタムとはマレー語で黒潮のこと、齋藤のライフワークともいえるテーマである。こちらも要注目!

フライヤーに書かれている「オンバク・ヒタム」についての齋藤徹自身の言葉を転載しておこう。

きっかけは、西表島でした。浜辺で録音をした時、この島が台北より南、ソウルより西に位置していることを知り、ここは「ヤマト」ではないと直感し、島を取り巻く海流をあらためて眺めました。親潮となって四国、紀伊半島を流れる「黒潮」とは別に、インドネシアに始まり琉球弧を通った後、九州の西に別れ、朝鮮半島に流れ、日本列島の日本海側へ、最後には稚内へとたどり着く「もう一つの黒潮」の文化圏を想像しました。

マレー、琉球、韓国の表現者とのつき合いもそれぞれ深まり、この想像上の文化圏がどこかで深くつながっているのではないか?と思うようになりました。そしてそれは、地球と人間を深く傷つけ、破綻してしまった経済効率最優先の「東京中心文化圏」に対抗できるものではないか?地方→東京→欧米という流れに対するオルタナティブがここに豊饒としてあるのでは?

黒潮のことをマレー語で「OMBAK HITAM」ということを知り、私のライフワークに、この名前を選びました。「もう一つの黒潮文化圏」の音楽です。

[PR]
by kazuey1113 | 2009-06-29 19:28 | informaion