横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

CNNを見ながら・・・

CNNをつけると先日亡くなったマイケル・ジャクソンがらみの話題ばかり。なんだかなー、と思いつつ観ていたが、日本のTV局よりはマシなことは確か。

ジャクソン・ファイヴの頃のマイケル・ジャクソンは文句なしに可愛かった、というとトシがバレそう。でも、可愛かったし、イカしたガキだった。月並みな物言いだが、『オフ・ザ・ウォール』、『スリラー』の成功はクインシー・ジョーンズなしにはあり得なかったろう。だが、私自身ポップスターとしての彼への興味はとっくに失せていたのも事実。

しかしながら、CNNを観ながらどんよりした気持ちになった理由は、レスター・ヤングやビリー・ホリディ、あるいはチャーリー・パーカーの悲劇はこの21世紀になっても繰り返されているのでは、という疑念。闇は闇としてまだ存在するのだろう。

TVでは音楽とダンスを結びつけた云々、なんて言っているけど、その両方に卓越した才能を持った人物は稀にせよ、ハーレムに代表される黒人音楽芸能においてダンスは音楽と共に重要な要素。ブレイクダンス顔負けのダンスがそこで何十年も前からあったなんて、イマドキの人は意外と知らないのかもしれない。

奥深いアメリカの黒人音楽芸能にふと思いを馳せた。そういう意味でもインパクトのあるニュースだった。たぶんレコードショップではその全盛期の曲が流れているのだろう。消費文化の中で、彼はゾンビのように甦るのか…。まさしくスリラーだ。

故人の魂よ、安かに。
[PR]
by kazuey1113 | 2009-06-27 13:09 | misc.