横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

Point of Departure Issue 23

最近アップされたPoint of Departure Issue 23の表紙は若き日のエヴァン・パーカー!

アメリカのオンライン・ジャーナルながら、アメリカだけではなくヨーロッパのクリエイティヴ・ミュージックについて書かれた記事も多い。なかなか情報が流通しずらい分野だけに毎号要チェック。今回のTravellin’ Lightはロードリ・ディヴィス、楽器に関してJALで問題はあったものの"What are your three favorite venues?"という問いの答えにキッドアイラック・ホールとオフサイトの名前が挙げられており、終演後に行ったレストランなどでも東京は好印象だったもよう。

CDレビューMoment's Noticeでは、ロスコー・ミッチェル『The Solo Concert』とエヴァン・パーカー『Saxophone Solos』という70年代の作品を比較レビュー。この二人の共演作『Evan Parker The Transatlantic Art Ensemble / Boustrophedon』を私は昨年のベスト盤のひとつとしてjazztokyoで取り上げただけに(コチラ>>>)、現在の耳でしばらく聴いていなかった旧作を聴き直したらどうだろうなどと棚をついゴソゴソと。

Moment's Noticeでは日本で紹介されることの少ないアルバムが多く取り上げられており、CDリリース情報としても有用なので、英文レビューを読むのが面倒な人も取り敢えずタイトルチェックしてみてほしい。

Point of Departureはコチラ>>>
[PR]
by kazuey1113 | 2009-06-14 12:17 | informaion