横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

Disc Callithump

c0098087_20333968.jpgc0098087_2034618.jpg梅津和時のベツニ・ナンモ・クレズマー、大友良英ニュー・ジャズ・オーケストラ(ONJO)、酒井俊&String Trioなどジャンルに拘らず、国内外のミュージシャンによるライヴ、またCDのプロデュースを手掛けてきたキャロサンプが昨年20周年を迎えた。

この20周年という節目の年に合わせてDisc Callithumpを昨年末に立ち上げ、『Les archives sauvées des eaux / Luc Ferrari avec Otomo Yoshihide』(CPCD-001)(左)、『Bayt / Kato Hideki's Green Zone』(CPCD-002)(右)の2作品をリリースした。

『Les archives sauvées des eaux』は、現代音楽作曲家リュック・フェラーリの"2人のDJのための作品"を、2003年にフェラーリが来日した際に作曲者自身と大友良英で日本初演した際のライヴをCD化したもの。『Bayt』はGround-Zeroのオリジナルメンバーでもある加藤英樹、大友良英、植村昌弘によるユニットGreen Zoneの2006年日本ツアーの録音をリミックスした作品。Green Zoneはバグダッドの米軍管理区域の名称、タイトルのBaytはアラビア語/ヘブライ語で「家」を意味する。

ジャケット写真だけではわからないが、紙ジャケの素材やちょっと見にはわからないところに凝っているところがニクイ。インディペンデント・レーベルならではのこだわりが、パッケージとしてひとつの作品という価値観にも現れている。ダウンロード配信にはない、モノとしての付加価値があってこそイマドキのCDの存在価値があると思う。

CDは、Disc Callithumpのオンラインショップ(コチラ>>>)、Ftarri CDショップ(コチラ>>>)他で取り扱っている。
[PR]
by kazuey1113 | 2009-01-22 21:07 | new release