横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

UNERHOERT!2009

スイス、チューリッヒで行われているフェスティヴァルUNERHOERT!2009が今年も11月27日から12月3日にかけて行われる。

毎年スイス国外からゲスト・イン・レジデンスとして音楽家を招き、その音楽家の公演の他、地元のミュージシャンとの共演等が行われる。今年はアレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハとエヴァン・パーカーの二人。

シュリッペンバッハは古稀を迎えた現在も意欲的に活動を行っている。先にベルリンで行われた70歳を記念したコンサートのプログラムはソロ、トリオ、グローブ・ユニティだった。UNERHOERT!ではソロ、トリオの他、ジョジョ・マイヤーとのデュオも予定されている。他方のエヴァン・パーカーはソロ、シュリッペンバッハ・トリオで演奏する他、ルツェルンの音楽大学のビッグ・バンドを率いてコンサートを行う。パーカーは今年ECMから『Boustrophedon』をリリースしているが、それに近いコンセプトになるのだろうか。大変興味深い。ちなみに昨年はバリー・ガイがロンドン・ジャズ・コンポーザース・オーケストラのために書いた名作≪ハーモス≫をそのビッグ・バンドが演奏している。

出演者は他に、AACM初代会長でもあったムハール・リチャード・エイブラムス、最近話題のペーター・エヴァンス、ベテランのジョン・スコフィールド、そして地元のオムリ・ツィゲレ、イレーネ・シュヴァイツァーなど。
詳しくはコチラ>>>

私は昨年UNERHOERT!に出かけたのだが、ローカルという視点に立ったフェスティヴァルという今までにない発想がこれからのフェスティヴァルのひとつのあり方を示していると思った。それについてはコチラ>>>
[PR]
by kazuey1113 | 2008-11-27 08:58 | informaion