横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"


by kazuey1113

アポロ劇場オーラル・ヒストリー・プロジェクト

アポロ劇場が来年2009年に75周年を迎える。ハーレムのアポロ劇場といえば黒人音楽の殿堂として夙に有名。ここで(評論家ではなく聴衆に)才能を認められたことでそのキャリアを一歩踏み出したミュージシャンや芸人は多い。古くはビリー・ホリディ、エラ・フィッツジェラルド、サラ・ヴォーン、あるいはスティーヴィー・ワンダー、スモーキー・ロビンソンなど枚挙に暇がない。

そのアポロ劇場にゆかりの人にインタビューし(あるいはパフォーマンスをしてもらい)、それを音声・映像記録として残そうというプロジェクトが、アポロ劇場ファウンデーションとコロンビア大学の共同で行われる。これは75周年に合わせたプロジェクトで、2010年に完了する予定。その後アーカイヴは一般にも公開もされる。

コロンビア大学はハーレムに隣接している。今はどうかわからないが、ジャック・シフマンの『黒人ばかりのアポロ劇場』によると、1930年代から40年代はじめ白人でハーレムが賑わっていた頃は、コロンビア大学の学生たちの多くはアポロ劇場に詳しかったという。また、ライブラリーにはオーラル・ヒストリー・リサーチ・オフィスもある。アポロ劇場ファウンデーションのパートナーとしては最適だ。

Washington Postの記事はコチラ>>>
コロンビア大学ライブラリー・ニュースの記事はコチラ>>>
[PR]
by kazuey1113 | 2008-11-01 19:03 | informaion