カテゴリ
以前の記事

音楽のながいしっぽ

最近ロングテール(The Long Tail)という言葉を度々目にするようになった。考えてみれば、私の周囲にある音楽の大半はヘッドではなくテール。市場経済とは無縁だが、GOOD MUSICは多々ある。そんなジャズの「しっぽ」や即興音楽という「しっぽ」などいろいろな音楽の「しっぽ」について、さまざまなところから入ってくる情報を随時アップしていくためにブログを作ってみた。また、ウエッブマガジン等に書いているコラム、disc review等がアップされた時も随時お知らせしていきたいと考えている。 (2006年10月22日)
[PR]
# by kazuey1113 | 2016-12-31 23:59 | misc. | Trackback | Comments(0)

『アヴァンギャルド・ジャズ ヨーロッパ・フリーの軌跡』

横井一江著
『アヴァンギャルド・ジャズ ヨーロッパ・フリーの軌跡』 (未知谷、2011)


c0098087_21392486.jpg1960年代、ヨーロッパのジャズは
独自の言語を獲得した

政治の季節、権利獲得の時代に呼応し
ドイツ、オランダ、イギリスを中心に、同時多発的に
フリージャズから新たなムーヴメントが勃興
プレイにとどまらず自主レーベル、自主組織等
新しい音楽の在り方を提示した

1980年代からドイツのジャズ祭を中心に取材
数々のミュージシャンのインタビューから見えた
本格的に紹介されることがなかった未踏のシーン
ひとつのヨーロッパ文化論!

(裏表紙紹介文)


Review @intoxicateはコチラ>>>

Review @jazztokyoはコチラ>>>
[PR]
# by kazuey1113 | 2016-12-30 20:09 | informaion | Trackback(1) | Comments(2)

続々報: メールス・フェスティヴァルの行方

8月末、メールス・フェスティヴァル音楽監督ライナー・ミヒャルケから音楽・報道関係者へBCCメールが送られてきた。今年のフェスティヴァル最終日に辞意表明してから、フェスティヴァル関係者による会議が行われたりしたが、結果的にライナー・ミヒャルケはメールス・フェスティヴァルから去ることになった。2005年を最後に引退したこのフェスティヴァルを始めたブーカルト・ヘネンから音楽監督を引き継ぎ、商業主義と一線を画す独自のプログラミングを維持してきただけに、とても残念な知らせである。

フェスティヴァル自体は来年も継続する方針のようだが、まだ新しい音楽監督は決まっていない。ドイツでは様々な報道がされているが、財務的なこともあり、また政治的なことも絡んでくるので、今後どのようなフェスティヴァルになるのかは不明だ。1974年の山下洋輔トリオ出演を皮切りに日本人ミュージシャンも多く出演、日本でも知名度の高いフェスティヴァルだけに、良い形で今後も開催されることを願っている。

Berliner Zeitungの記事はコチラ>>>

Der Westenの記事はコチラ>>>

RP Onlineの記事はコチラ>>>
[PR]
# by kazuey1113 | 2016-09-10 12:49 | informaion | Trackback | Comments(0)

トゥーツ・シールマンス

この1ヶ月の間、ボビー・ハッチャーソン(vib)、コニー・クローザース(p)、デレク・スミス(p)、ルイ・スミス(tp)、数多くのモダンジャズのレコーディングでその名を馳せた録音技師ルディ・ヴァン・ゲルター、トゥーツ・シールマンス(harmonica)、また旧東ドイツ出身のHans "Hanno" Rempel (p)などが次々と天に召されていった。どんどん20世紀が遠ざかっていくなぁという実感…。

c0098087_11514127.jpgハーモニカの名手トゥーツ・シールマンスは2004年のベルリンジャズ祭で観ているので、そのことを追悼特集@JazzTokyoに書いた。演奏の合間にシールマンスがベルリン・ジャズ祭にまつわる思い出としてジャコ・パストリアスとの出会いを語ったことはなぜかよく覚えている。演奏の中で共演者へのリスペクトをさらりと表すことのできるミュージシャンシップの高い人だった。
コチラ>>>>
[PR]
# by kazuey1113 | 2016-09-10 11:54 | obituary | Trackback | Comments(0)

ロジャー・ターナー来日ツアー2016

c0098087_8552958.jpg

イギリスのドラマー・パーカッショニスト、ロジャー・ターナーが9月から10月にかけて再び来日。ターナーは1970年代から即興音楽を始めとして、音楽家だけではなく様々な分野のアーティストとの共演も含めた幅広い活動を続けている。今までの主な共演者はジョン・ラッセル、アラン・シルヴァ、セシル・テイラー、エヴァン・パーカー、デレク・ベイリー、スティーヴ・ベレスフォード、フィル・ミントンなど。今回のツアーでは旧知ミュージシャンとの共演だけではなく、新たな出会いもあり、毎回音楽的に全く異なった、いずれも見逃せないものとなりそうだ。また、ダンサーの田中泯とも共演も予定されている。

9月22日~24日の京都公演の会場トレースでは9月23日(金)〜10月1日(土) の金土曜日に、「art-on-the-run」と題したロジャー・ターナーのドローイング作品展が開催される。詳しくはコチラ>>>
ロジャー・ターナーのアート作品のサイトはコチラ>>>

9 月10 日(土) 深谷 ホール・エッグファーム
Duo with 田中泯 (おどり)

9月11日(日) 東京・渋谷 公園通りクラシックス 
Trio with 喜多直毅 (vln)  齋藤徹 (b)

9 月12 日(月) 東京・水道橋 Ftarri 
Quartet with 秋山徹次 (g) 大城真(自作楽器) すずえり(p, voice, 自作楽器)

9月13日(火) 東京・新宿 新宿 ピットイン
Trio with 蓮見令麻 (p, voice) マサ・カマグチ (b)

9 月14 日(水) 東京・下北沢 LADY JANE
Duo with 巻上公一 (voice, etc)

9月16日(金) 横浜 横浜エアジン
Trio with 内橋和久 (g, daxophone) 坂田明 (sax)

9 月17 日(土) 東京・調布 せんがわ劇場
JazzArtせんがわ
Quartet with 沖至 (tp) 藤原清登 (b) 柳家小春(三味線)

9月19日(月) 大阪 common café
with 高岡大祐 (tuba)
問い合わせ:音波舎

9月20日(火) 名古屋 なんや
with 臼井康浩 (g) 小埜涼子 (as)

9月22日(水) 金沢21世紀美術館 シアター21
with 島田英明 (vln)
問い合わせ:島田英明

9月23日(木) 京都 トレース
with 有本羅人 (tp, bcl) 森定道広 (b)

9月24日(金) 京都 トレース
with 内橋和久 (g, daxophone)

9月25日(土) 栃木 鹿沼 興文堂書店
with 工藤冬里 (p, voice)
住所:栃木県 鹿沼市鳥居跡町1008
予約・問い合わせ(興文堂書店・高橋): 0289-65-1222  tsukasaxeureka@gmail.com

9月28日(水) 札幌 くう
with 奥野義典(as) 吉田野乃子(as)

9月29日(木) 札幌 くう
with 宝示戸亮二 (pf, toys, etc.) 瀬尾高志 (b)

9月30日(金) 札幌 くう
with 小山彰太(ds)

10 月2 日(日)  六本木 スーパー•デラックス
Duo with 八木美知依(エレクトリック21 絃箏、17 絃ベース箏、electronics)

10月5日(水) 東京・新宿  新宿 ピットイン
Trio with 大友良英 (g, turntable) 佐藤允彦 (p)

10月6日(木) 田園調布 いずるば
Trio with 齋藤徹 (b) 喜多直毅(vln) 矢萩竜太郎(dance)
住所:東京都大田区田園調布本町38-8
予約・問い合わせ: 03-3721-8760  i-info@izuruba.jp
[PR]
# by kazuey1113 | 2016-09-07 08:35 | informaion | Trackback(3) | Comments(0)

ミルフォード・グレイヴス&土取利行

昨年、エヴァン・パーカー (sax) とウィリアム・パーカー (b) を招き、3箇所で公演を行った土取利行。今年7月に自身が関わる郡上八幡音楽祭にトルコ、スーフィのミュージシャンを招聘したのに続き、9月4日はミルフォード・グレイヴスとのデュオによる公演「宇宙律動」を京都岡崎で行う。70年代にミルフォードと出会った土取、その後の音楽家としての軌跡は異なるが、精神的に深いところで彼らの活動は共振していたのかもしれない。自らの道を探究し続ける類い希なパーカッショニスト2人による23年ぶりの、そして今回一度限りの貴重な公演!昼間の公演なので、関西在住者ならずとも駆けつけることは可能。

日時:2016年9月4日(日) 13:00開演(12:30開場) / 14:30終演予定
会場:ロームシアター京都 メインホール
料金:前売2,000円 当日2,500円 学生 1,000円(当日座席指定 当日要学生証)
詳しくはコチラ>>>
[PR]
# by kazuey1113 | 2016-08-26 20:16 | informaion | Trackback | Comments(0)

フォト・エッセイ: ファマドゥ・ドン・モイエ(10月来日!)

1970年代後半、日本のジャズ・シーンを席巻した生活向上委員会。30数年振りにそのリーダー原田依幸と梅津和時が生活向上委員会東京本部の名前で活動を再開し、2016年10月にはファマドゥ・ドン・モイエをゲストとして招聘し、4箇所でコンサートを行う。というわけで、jazztokyoの連載エッセイではドン・モイエを取り上げた。彼のアート・アンサンブル・オブ・シカゴ(AEC)での活躍はよく知られていると思うので、違う話を少し。写真は1996年メールス・ジャズ祭に「ピーセス・オブ・タイム」(アンドリュー・シリル、ドン・モイエ、タニ・タバル)で出演した時のもの。コチラ>>>

AEC関連では、レスター・ボウイも以前に連載で取り上げている。コチラ>>>

10月の「生活向上委員会2016+ドン・モイエ」公演情報は;
コチラ>>>
c0098087_21235067.jpg

[PR]
# by kazuey1113 | 2016-08-01 08:10 | column | Trackback | Comments(0)

訃報: クロード・ウィリアムソン

アメリカ西海岸のジャズ・シーンで活躍したピアニスト、クロード・ウィリアムソンが7月16日に亡くなった。1926年11月18日ブラッドルボロ生まれ、享年89。7歳でピアノを始め、10年間クラシックを学んだのち、1947年チャーリー・バーネット楽団、翌1948年レッド・ノーヴォのバンド、1950~51年にかけてジューン・クリスティのバックバンドに参加。50年代半ばは自己のトリオ、バド・シャンクのバンドなどで活躍。また、彼はハワード・ラムゼイのライトハウス・オールスターズのメンバーでもあった。60年代は主にスタジオ・ミュージシャンとして活動。70年代半ばにジャズ・シーンに復帰し、演奏活動を続けていた。個人的にはベツレヘム盤『クロード・ウィリアムソン・トリオ』やジューン・クリスティのバックでの演奏が記憶に残っている。

LA Timesの記事はコチラ>>>

JazzWaxの記事はコチラ>>>
[PR]
# by kazuey1113 | 2016-07-28 21:28 | obituary | Trackback | Comments(0)

グスタフセンの「Hymns and Visions」、郡上八幡音楽祭

c0098087_8211876.jpgノルウェーのピアニスト、トルド・グスタフセンの新プロジェクト「Hymns and Visions」によるCD『What was said』のレビューをJazzTokyoに書いた。

「Hymns and Visions」はグスタフセンが、アフガニスタン人の父を持つケルン生まれのヴォーカリスト、シミン・タンデルと出会ったことで生まれたプロジェクトで、これまでのトリオやカルテットでの活動とは異なるチャレンジャブルなコンセプトによるもの。取り上げられているのは、ペルシャの神秘学者で大詩人ルーミーの英訳詩とグスタフセンが子供の頃から親しんでいたルター派教会の賛美歌をアフガン詩人がパシュトー語に訳したもの。ふたつの異なる宗教、世界観から生まれ、翻訳された歌が出会うアルバムだ。レビューはコチラ>>>

ちょうどこのCDを聴きながら、あれこれ考えている時に、7月17日18日に開催される郡上八幡音楽祭のテーマが「トルコ・スーフィー」であることを知った。ルーミーは旋回舞踊で知られるイスラム神秘主義(スーフィー)のメヴレヴィー教団の始祖である。これはちょっとした奇遇だった。

郡上おどりで知られる郡上八幡を拠点にするパーカッショニスト、土取利行を通して世界の音楽家を招き開催されるこの音楽祭、今年はピーター・ブルック演出『マハーバ ーラタ』などで土取と共演してきたネイ(葦笛)の名手で先日ユネスコの平和のための芸術家として指名されたクツィ ・ エルグネル、またトルコ・イスタンブールからベキル・ビュユックバッシ(歌手)、ムラット ・ アイデミィル(タンプール)を招聘し、土取は中近東のパーカッションで演奏するという。17日のメインプログラムは旋回舞踊で知られるイスラム神秘主義メヴラーナーの音楽、18日はオスマン古典音楽の公演。

郡上八幡音楽のサイトはコチラ>>>

[PR]
# by kazuey1113 | 2016-07-14 08:33 | column | Trackback | Comments(0)

訃報: ドン・フリードマン

ピアニスト、ドン・フリードマンが6月30日に亡くなった。1935年5月4日サンフランシスコ生まれ。享年81。50年代初めから西海岸でデクスター・ゴードン、ショーティ・ロジャース、バディ・デフランコ、チェット・ベイカー、オーネット・コールマンなどと共演。1958年にニューヨークに移住、ディック・ヘイムズのピアニストなどを務め、1961年Riversideから『ア・デイ・イン・ザ・シティ』(1961)、続いて代表作となる『サークル・ワルツ』(1962)を発表。ニューヨークに移って最初の数ヶ月間同居していたスコット・ラファロとの録音は後に『スコット・ラファロの思い出』(カメラータ・トウキョウ)としてリリースされた。『Metamorphosis』(Prestige, 1966)後は、アルバムを出す機会に恵まれなかったが、1975年にイースト・ウインドから『ホープ・フォア・トゥモロウ』をリリース。1986年からベーシスト中山英二と共に日本を6回ツアーし、共演盤も制作された。最新作は『Nite Lites』 (Fresh Sound, 2015)。また、ニューヨーク大学で長年教鞭をとっていた。

JazzWaxの記事はコチラ>>>
↑上記記事にはインタビューも掲載されていて、50年代の西海岸演奏を始めた頃のこと、スコット・ラファロのことなどを語っている。
[PR]
# by kazuey1113 | 2016-07-07 08:20 | obituary | Trackback | Comments(0)
トップ

横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"
by kazuey1113
リンク
検索
最新のコメント
最新のトラックバック
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
アヴァンギャルド・ジャズ
from Hodiauxa Lignp..
【本】ニュー・ジャズ・ス..
from 【@らんだむレビューなう!】..
ドネーションミュージック..
from ひまわりのロハグル日記
今秋ノルウェー・ミュージ..
from タダならぬ音楽三昧
ベースくん重装甲仕様…?
from 箱蛙、考える。
ミッシェル・ドネダと齋藤..
from Sightsong
Compositions
from 1-kakaku.com
Coda
from 1-kakaku.com
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧