音楽のながいしっぽ

最近ロングテール(The Long Tail)という言葉を度々目にするようになった。考えてみれば、私の周囲にある音楽の大半はヘッドではなくテール。市場経済とは無縁だが、GOOD MUSICは多々ある。そんなジャズの「しっぽ」や即興音楽という「しっぽ」などいろいろな音楽の「しっぽ」について、さまざまなところから入ってくる情報を随時アップしていくためにブログを作ってみた。また、ウエッブマガジン等に書いているコラム、disc review等がアップされた時も随時お知らせしていきたいと考えている。 (2006年10月22日)


■  [PR]
# by kazuey1113 | 2014-12-31 23:59 | misc. | Trackback | Comments(0)

『アヴァンギャルド・ジャズ ヨーロッパ・フリーの軌跡』

横井一江著
『アヴァンギャルド・ジャズ ヨーロッパ・フリーの軌跡』 (未知谷、2011)


1960年代、ヨーロッパのジャズは
独自の言語を獲得した

政治の季節、権利獲得の時代に呼応し
ドイツ、オランダ、イギリスを中心に、同時多発的に
フリージャズから新たなムーヴメントが勃興
プレイにとどまらず自主レーベル、自主組織等
新しい音楽の在り方を提示した

1980年代からドイツのジャズ祭を中心に取材
数々のミュージシャンのインタビューから見えた
本格的に紹介されることがなかった未踏のシーン
ひとつのヨーロッパ文化論!

(裏表紙紹介文)


Review @intoxicateはコチラ>>>

Review @jazztokyoはコチラ>>>


■  [PR]
# by kazuey1113 | 2014-12-30 20:09 | informaion | Trackback(1) | Comments(2)

フォト・エッセイ: ホレス・タプスコット

jazztokyo最新号の連載フォト・エッセイはピアニスト、トロンボーン奏者、そして活動家だったホレス・タプスコット。知る人ぞ知るLAのジャズ・リジェンドである。西海岸のジャズといえばチェット・ベイカーやアート・ペッパーなどの「ウエスト・コースト・ジャズ」となるのだろうが、それはブランド化されたイメージでしかない。20年代から50年代にかけてLAのセントラル・アヴェニューがジャズのメッカだっとことは意外に知られていない。また、西海岸から多くの優れたミュージシャンを輩出しているにもかかわらず、彼らはNYCに出てから成功したこともあって、そのことも忘れられている。そのような中で、タプスコットはLAに留まり、ローカルな黒人コミュニティの中で音楽活動・社会活動し続けたのだ。60年代初頭パン・アフリカン・ピープルズ・アーケストラを結成したタプスコットは、自主組織UGMAAを創るに至るが、それはローカルなミュージシャン組織としてよく知られているシカゴAACMに先立つものだったのである。エッセイはコチラ>>>

エッセイを書くにあたって、ホレス・タプスコットのことをもっと知りたいと調べたら、『Songs of the Unsung - The Musical and Social Journey of Horace Tapscott』という自伝が出ていることを知った。取り寄せたのだが間に合わず、手元に届いたのは数日前だった。この本のタイトルがまさに彼の生き様を表している。まだ少しページをめくっただけだが、なかなか興味深い。

ジャズ史はスタイルの変遷を縦に積み上げるように書かれてきた。しかし、横の広がり、各地のジャズ・シーン、そして人の動きを見てみるとまた違ったものが見えてくるのではないかと思う。

一ヶ月限定の表紙↓

■  [PR]
# by kazuey1113 | 2014-04-08 08:32 | column | Trackback | Comments(0)

フォト・エッセイ: アミリ・バラカ

jazztokyo最新号の連載フォト・エッセイは1月9日に79歳で亡くなったアミリ・バラカ。追悼の意を込めて。コチラ>>>(注:写真はクリックすると高解像度&大きくなります)

ジャズファンには『ブルース・ピープル』、『ブラック・ミュージック』といった著書で知られているが、詩人、劇作家、音楽評論家、活動家とさまざまな顔を持つ。アミリ・バラカ率いるブルー・アークの舞台「ブラック・ヒストリー・ミュージック」を観たのは1994年のベルリンジャズ祭。あれからもう20年経つ…。その訃報を知った時、ウォーレン・ベイティの映画『ブルワース』(1998年)で、アミリ・バラカ演じる浮浪者がまるで道化のように、ストーリーの重要なところに現れ、意味深な何事かを呟いていたことを思い出した。最後の場面でも呪詛のようにこう言った。「ゴーストになるな、スピリットになれ」と。アルバート・アイラーの諸作がきこえてくる。果たしてアミリ・バラカはスピリットになり得たのだろうか。合掌。

一ヶ月限定の表紙と別バージョン↓



■  [PR]
# by kazuey1113 | 2014-01-28 20:20 | column | Trackback | Comments(0)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
A Happy New Year!
Prosit Neujahr!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。よい年になりますように!
May your 2014 be filled with music, peace, and happiness
of the season.
Viel Glueck im neuen Jahr


■  [PR]
# by kazuey1113 | 2014-01-01 16:00 | misc. | Trackback | Comments(0)

フォト:「今ポーランドがおもしろい!」

今年もポーランド映画祭が11月30日から12月13日に開催されるなど、最近はポーランドの芸術・文化を紹介するイベントは以前に比べて増えたように思う。

ジャズでも10月下旬に内橋和久企画による「今ポーランドがおもしろい#2」(それについてはコチラ>>>)が東京、大阪、京都(番外編)が行われた。ポーランドの今の音楽シーンで活躍するミュージシャンのライヴに触れ、彼らを知るいい機会だった。その東京、新宿ピットインでの2日間のレポートを元ジャズ批評編集長で東欧~スラヴ音楽リサーチ センター所長の岡島豊樹さんがjazztokyoに書いている。私も写真で協力。コチラ>>> (写真はクリックすると大きくなります)

■  [PR]
# by kazuey1113 | 2013-12-01 23:58 | column | Trackback | Comments(0)

フォト・エッセイ: セシル・テイラー in 京都

11月末にアップされたjazztokyoは、11月に京都賞の授賞式・関連行事およびコンサートで来日したセシル・テイラー特集。奇しくも今年は彼の初来日から40周年にあたる。連載フォト・エッセイもセシル・テイラー、今回は京都での取材記事。また、レア盤・レアグッズのコーナーGALLERYにも短いテキストを。

「連載フォト・エッセイ: セシル・テイラー」はコチラ>>>
続編はコチラ>>>
*クリックすると写真は大きくなります。

GALLERY:『Cecil Taylor Unit/Nicaragua: No Pasaran - Willisau 83 Live』はコチラ>>

本当はこの写真↓を表紙にと思ったのだが、デザインの関係上却下されてしまった…。(苦

84歳という年齢もあり、昨年のブルーノート東京を始め、このところコンサートのキャンセルも度々あったので、三泊四日の京都行きを決めたものの、本当に来日するかどうか、その姿を見るまで、頭の中には「?」がつきまとっていた。しかし、思いの外、お元気そうだったので嬉しかった。賭けに勝ったような気持ち……。

■  [PR]
# by kazuey1113 | 2013-12-01 23:39 | column | Trackback | Comments(0)

漂泊のダンス:ヤナエル・プリュメ


バール・フィリップスが推すダンサー、ヤナエル・プリュメが間もなく来日。
カナダ・モントリオール生まれで、現在トルコに住むヤナエル・プリュメはまさに旅人、長年にわたり音楽・映像・サーカス・ヴィジュアルアートなど他のジャンルとの交流してきたダンサー。齋藤徹の招聘による今回の来日では3箇所で公演を行う。共演者は日によって異なるが、高岡大祐、喜多直毅、そしてダンサーの貴田みどりと矢萩竜太郎。

バール・フィリップスのコメント
ヤナエル・プリュメ氏は、コンサートホールから人々の元へパフォーミングアートを連れ出したヨーロッパでの最強のパイオニアの1人です。アートは人々のために!


11月29日(金)いずるば
ヤナエル・プリュメ(dance)、貴田みどり(dance)、矢萩竜太郎(dance)、齋藤徹(b)
予約:電話・080ー3584ー3315、
メール izuru38yry@softbank.ne.jp

12月3日(火) キッドアイラックアートホール  
ヤナエル・プリュメ(dance)、喜多直毅(vln)、齋藤徹(b)

12月8日(日) ポレポレ坐 
徹の部屋vol.27 
ヤナエル・プリュメ(dance)、高岡大祐(tuba)、齋藤徹(b)

追)詳しい紹介が齋藤徹さんのサイトにありました。コチラ>>>

■  [PR]
# by kazuey1113 | 2013-11-22 19:30 | informaion | Trackback | Comments(0)

ベルリンではなく京都で…

京都賞授賞式から共同取材までセシル・テイラー三昧だった京都3泊4日。お元気そうだったのが嬉しかった。まだ写真を選んでいる最中。

from Kazue's iPhone



■  [PR]
# by kazuey1113 | 2013-11-16 10:43 | Trackback | Comments(0)

【秋のアキ2013】高瀬アキ4、高瀬アキ&多和田葉子、他

高瀬アキが11月に帰国。唯一の日本のプロジェクトT.I.T.トリオのメンバー(井野信義、田中徳崇)に林栄一を加えたユニットでツアーする。今回のテーマは「エリック・ドルフィーに捧ぐ」。現在、高瀬はアレキサンダー・フォン・シュリッパンバッハと合同のドルフィー・プロジェクトによる来年のベルリン公演に向けて始動中。 それに先駆けて、ドルフィー作品《245》、《ハット・アンド・ベアード》、《17 ウエスト》、《サムシング・スゥイート・サムシング・テンダー》などにオリジナル曲他を加えた構成で演奏。独自のメロディライン、ハーモニーの展開、変拍子を持つドルフィー作品をいかに高瀬がアレンジするか、そしてどのような即興演奏が展開するか、見逃せないライヴとなるに違いない。

高瀬アキ(p) 林 栄一(as) 井野信義(b) 田中徳崇(ds)
ゲスト(23日のみ): 内橋和久(g,etc)

11月20日(水)甲府 桜座
11月21日(木)名古屋 ジャズインラブリー
11月22日(金)東京 新宿ピットイン
11月23日(土)東京 新宿ピットイン

カルテットの他に下記のライヴも予定されている。

高瀬アキ・ソロ「マイ・エリントン」
11月16日(土)秋田 高清水仙人蔵

高瀬アキ&林栄一・デュオ
11月24日(日) 新潟 フラッシュ

このほか、作家多和田葉子とデュオで、毎年恒例となっているシアターΧでの「晩秋のカバレット」他で公演、ワークショップを行う。

多和田葉子&高瀬アキ
11月14日(木)早稲田大学 小野記念講堂 
パフォーマンス「魔 -時間の消えた島-」
11月15月(金)早稲田大学 小野記念講堂 
ワークショップ「言葉と音楽 Vol.4」
11月17日(日)東京 両国 シアターX 「魔の山」
11月18日(月)静岡大学 「雲をつかむ言/雲を飛ばす音」

詳しくはコチラ>>>


■  [PR]
# by kazuey1113 | 2013-10-29 20:17 | informaion | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >
トップ

横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"
by kazuey1113
リンク
検索
最新のコメント
最新のトラックバック
アヴァンギャルド・ジャズ
from Hodiauxa Lignp..
【本】ニュー・ジャズ・ス..
from 【@らんだむレビューなう!】..
ドネーションミュージック..
from ひまわりのロハグル日記
今秋ノルウェー・ミュージ..
from タダならぬ音楽三昧
ベースくん重装甲仕様…?
from 箱蛙、考える。
ミッシェル・ドネダと齋藤..
from Sightsong
Compositions
from 1-kakaku.com
Coda
from 1-kakaku.com
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
音楽ランキング
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite