音楽のながいしっぽ

最近ロングテール(The Long Tail)という言葉を度々目にするようになった。考えてみれば、私の周囲にある音楽の大半はヘッドではなくテール。市場経済とは無縁だが、GOOD MUSICは多々ある。そんなジャズの「しっぽ」や即興音楽という「しっぽ」などいろいろな音楽の「しっぽ」について、さまざまなところから入ってくる情報を随時アップしていくためにブログを作ってみた。また、ウエッブマガジン等に書いているコラム、disc review等がアップされた時も随時お知らせしていきたいと考えている。 (2006年10月22日)


■  [PR]
# by kazuey1113 | 2015-12-31 23:59 | misc. | Trackback | Comments(0)

『アヴァンギャルド・ジャズ ヨーロッパ・フリーの軌跡』

横井一江著
『アヴァンギャルド・ジャズ ヨーロッパ・フリーの軌跡』 (未知谷、2011)


1960年代、ヨーロッパのジャズは
独自の言語を獲得した

政治の季節、権利獲得の時代に呼応し
ドイツ、オランダ、イギリスを中心に、同時多発的に
フリージャズから新たなムーヴメントが勃興
プレイにとどまらず自主レーベル、自主組織等
新しい音楽の在り方を提示した

1980年代からドイツのジャズ祭を中心に取材
数々のミュージシャンのインタビューから見えた
本格的に紹介されることがなかった未踏のシーン
ひとつのヨーロッパ文化論!

(裏表紙紹介文)


Review @intoxicateはコチラ>>>

Review @jazztokyoはコチラ>>>


■  [PR]
# by kazuey1113 | 2015-12-30 20:09 | informaion | Trackback(1) | Comments(2)

メールス・ジャズ祭2015

今年も5月22日から25日にかけてメールス・ジャズ祭が開催される。ブーカルト・ヘネンが引退し、現音楽監督ライナー・ミヒャルケになってから10回目。時の経つのは早いものだとつくづく思う。

プログラムは既に発表されている。今回はバランスをとりながら、エッジな音楽シーンの注目すべきところ上手く取り上げているように思う。現音楽監督になってからはいちばん面白そうで、諸般の事情が許せば行きたいところだ(でも行けない)。(;_;)

メールス市のアーティスト・イン・インプロヴァイザーであるヘイデン・チスホルム率いるルツェルン・オーケストラで開幕。サックス奏者のコリン・ステットソンが4つの異なるユニットで出演、また女性が中心となった3つのラージ・プロジェクト、イヴ・リッシャー「ホワイト・デザート・オーケストラ」(フランス)、サラ・マクドナルド&ケルン音楽大学ビッグ・バンド、トロンハイム・オーケストラ・フィーチャリング・オラヴ・ミェルヴァ&ソフィア・イェルンベリ。ソフィアは一昨年SOFA NIGHTで観て以来、私が近年一番注目しているヴォイス・パフォーマー。(その時のレポートはコチラ>>>

NYシーンからはPulverize the Sound(ペーター・エヴァンス、ティム・ダール、マックス・ジャフェ)、また大ベテランのマイケル・マントラー「ザ・ジャズ・コンポーザーズ・オーケストラ・アップデート」など。今回は紛争地であるシリア、アレッポで育ったウード奏者のジアード・ラジャブ、マリのバセコウ・コウヤテも出演する。

詳しくはコチラ>>>


■  [PR]
# by kazuey1113 | 2015-04-07 08:33 | informaion | Trackback | Comments(0)

サミュエル・チャーターズ

ブルースおよびブラック・ミュージック研究、プロデュースで知られるサミュエル・チャーターズが、3月18日スウェーデン、オールスタの自宅で亡くなった。死因は骨髄異形成症候群。

1929年8月1日アメリカ、ピッツバーグ生まれ、享年85。数年に亘る調査・録音に基づき、1959年に出版した『The Country Blues』(邦訳なし)で注目され、以降『ブルースの詩』、『ブルースの本』など著作を発表した。ン十年前はブルースについてのまともな書籍というとサミュエル・チャーターズとポール・オリバーの本ぐらいで、邦訳されたものだけではなく、洋書も取り寄せて読んだものだった。

また、チャーターズはライトニン・ホプキンスを再発見したことでも知られ、Folkwaysなどからリリースされた多くのブルースのLPの制作に関わる。ベトナム戦争に幻滅したことからスウェーデンに移住、以後そこを拠点として活動していた。 スウェーデンのレーベルSonetでもブルースの諸作のプロデュースを行っている。

2008年に出版された"A Trumpet Around the Corner: The Story of New Orleans Jazz"(University Press of Mississippi)が最後の著作となった。夫人はビート研究で知られるアン・チャーターズ。

NYタイムズの追悼記事にこのようなことが書かれてあった。そして、チャーターズの生き方に納得したのである。
“For me, the writing about black music was my way of fighting racism,” Mr. Charters said in his interview with Mr. Ismail. “That’s why my work is not academic, that is why it is absolutely nothing but popularization: I wanted people to hear black music.”

NY Timesの記事はコチラ>>>


■  [PR]
# by kazuey1113 | 2015-04-07 08:21 | obituary | Trackback | Comments(0)

ソメイヨシノ@大崎駅付近

同じ桜でも咲き始めのソメイヨシノのピンク色は上品でかわいい…

いかん…ブログが花だらけになっている(苦)

from Kazue's iPhone

■  [PR]
# by kazuey1113 | 2015-03-28 12:19 | Trackback | Comments(0)

桜ではなく梅



梅の雄しべは長くて存在感があると写真を撮ってはじめて気がついた。梅も八重ならばゴージャス。観梅も良きものかな、と。来年は早めに、真っ当なカメラを持って出かけよう。

from Kazue's iPhone
■  [PR]
# by kazuey1113 | 2015-03-18 22:01 | Trackback | Comments(0)

まだまだ咲き始め


咲き始めの桜は初々しくてかわゆいな〜。f^_^;)

from Kazue's iPhone

■  [PR]
# by kazuey1113 | 2015-03-18 21:54 | Trackback | Comments(0)

早咲きの桜満開!

昨日、仕事の途中で通りかかった上野公園入口。早咲きの大寒桜が既に満開!ソメイヨシノよりピンク色。スマホやケータイ片手に通行人がこの桜に引き寄せられていく…。私もそのひとり f^_^;)。一足先に春のおすそ分けをいただいて、少しだけ得したような気持ちに。。。


from Kazue's iPhone
■  [PR]
# by kazuey1113 | 2015-03-18 08:31 | Trackback | Comments(0)

アレクサンダー・フォン・シュリッパンバッハ&高瀬アキin神戸

来年1月、アレクサンダー・フォン・シュリッパンバッハが私用で高瀬アキと共に日本に来ることから、神戸で一夜限りのライヴが決まりました。『Iron Wedding』(Intakt)をリリースしているオシドリ夫婦によるピアノ・デュオを聴くまたとない機会。関西方面の方は是非お見逃しなく!残念ながら首都圏での公演はありません。(ゴメンナサイ)

日時: 2015年1月20日(火)19:00
出演: 高瀬アキ、アレクサンダー・フォン・シュリペンバッハ
会場: 好文園コミュニティーホール(神戸市東灘区)
料金: 2,000円
定員: 30名
主催: Ensemble Sonne
詳しくは(問い合わせも)コチラ>>>


■  [PR]
# by kazuey1113 | 2014-12-22 20:08 | informaion | Trackback | Comments(0)

【秋のアキ2014】高瀬アキ4、高瀬アキ&多和田葉子

エリック・ドルフィー没後50周年にあたる今年6月、アレクサンダー・フォン・シュリッパンバッハとの共同プロジェクト「So Long, Eric」公演を成功させた高瀬アキ。11月に帰国し、その特別日本版でツアー。メンバーは林栄一、井野信義、田中徳崇。ドルフィー作品に高瀬と林のオリジナル曲も加えた構成による亡きドルフィーへのオマージュ。

"So Long, Eric"ベルリン公演のサイトはコチラ>>>
"So Long, Eric"のライヴ盤もIntakt Recordsからリリースされた。
コチラ>>> (私も写真で少しだけお手伝い…)

【スケジュール】
11月15日(土) 盛岡 すぺいん倶楽部 電話:019-654-2055
11月16日(日) 秋田ドリームタイム 問い合わせ先:info@akita21.com
11月18日(火) 新潟 ジャズフラッシュ 電話:025-224-4518
11月19日(水) 金沢 もっきりや 電話:076-231-0096
11月20日(木) 名古屋 jazz inn LOVELY 電話:052-951-6085
11月21日(金) 22日(土) 東京 新宿ピットイン 電話:03-3354-2024

また、作家多和田葉子とデュオで、毎年恒例となっているシアターΧでの「晩秋のカバレット」他で公演、ワークショップを行う。

11月10日(月) 新潟大学:ワークショップとパフォーマンス
11月12日(水)13日(木) 早稲田大学:ワークショップとパフォーマンス
11月14日(金) 東京 シアターΧ
第13回シアターΧ晩秋のカバレット「白拍子vs変拍子」

詳しくはコチラ>>>

■  [PR]
# by kazuey1113 | 2014-10-26 10:01 | informaion | Trackback | Comments(0)
トップ

横井一江のブログ "jazz,improvised music...and beyond"
by kazuey1113
リンク
検索
最新のコメント
最新のトラックバック
アヴァンギャルド・ジャズ
from Hodiauxa Lignp..
【本】ニュー・ジャズ・ス..
from 【@らんだむレビューなう!】..
ドネーションミュージック..
from ひまわりのロハグル日記
今秋ノルウェー・ミュージ..
from タダならぬ音楽三昧
ベースくん重装甲仕様…?
from 箱蛙、考える。
ミッシェル・ドネダと齋藤..
from Sightsong
Compositions
from 1-kakaku.com
Coda
from 1-kakaku.com
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
音楽ランキング
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite